リバプール・ストリート駅

マーカーはリバプール・ストリート駅です。

リバプール・ストリート駅
[リバプール・ストリート駅 (Liverpool Street station、または London Liverpool Street) は、イギリス都心部、金融街で有名なシティ・オブ・ロンドンの北東に位置するターミナル駅である。ビショップスゲート (Bishopsgate) 及びリバプールストリートの入口にある。この駅の西側にある小規模なショッピング・モールはブロードゲートサークル (Broadgate Circle) に繋がっている。この駅はグレート・イースタン鉄道 (Great Eastern Railway) によって1874年に開業した。ここは同社の主任技士エドワード・ウィルソン (Edward Wilson)によって設計され、元々王立ベスレム病院が建っていた場所に建設された。この駅は第一次世界大戦中に、ドイツ空軍 Gotha bomber 航空機による攻撃をロンドンの中で最初に受けた場所である。1917年5月の空襲では1,000ポンド爆弾により162人が死亡した。
リバプールストリートはロンドン・スタンステッド空港ケンブリッジ、ローストフト、グレート・ヤーマスノリッチイプスウィッチチェルムズフォードコルチェスター、ブレイントゥリー (Braintree)、及びハリッジ港を含む東部イギリス、同じように北東の多くの郊外の駅への運行を行っている。ここはロンドンの中でも繁栄しているコミューター駅の1つである。ハリッジ (Harwich) へのデイリー急行列車はハリッジから Hoek van Holland へのフェリーに接続している。リバプールストリートからの列車はリヴァプールへ運行を行っていない。
リバプールストリート駅・wikipedia-photo、リバプールストリート駅での雰囲気に富む張壁・wikipedia-photo、駅のコンコースの一部・wikipedia-photo、屋根付き駅での急行 GNER 90型機関車の前景・wikipedia-photo  (wikipdia・リバプール・ストリート駅より)]

リバプール・ストリート駅 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がリバプール・ストリート駅リバプール・ストリート・ゲートです。

カメラ北東方向が、リバプール・ストリート駅ビショップス・ゲートです。

リバプール・ストリート駅コンコース二階歩廊のカメラです。

リバプール・ストリート駅改札口前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*