リージェンツ運河

    下地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックすると、上地図がそのマーカーポイントにズームし、下地図にマーカーポイントの吹き出しが表示されます。また、吹き出しにもリンクを設定しています。

    パディントン・ベイスンリージェンツ運河(リトル・ヴェニス)リージェンツ運河(ワーウィック・アヴェニュー)リージェンツ運河(Cafe Laville、Maida Hill Tunnel)リージェンツ運河(Eyre’s Tunnel)リージェンツ運河(ロンドン動物園)リージェンツ運河(Feng Shang Princess)リージェンツ運河(Pirate Castle)リージェンツ運河(カムデン・ロック)リージェンツ運河(Hawley Lock)リージェンツ運河(Kentish Town Lock)リージェンツ運河(St Pancras Lock)リージェンツ運河(イズリントン・カナル・トンネル吞口)リージェンツ運河(イズリントン・カナル・トンネル吐口)リージェンツ運河(City Road Lock)リージェンツ運河(Sturt’s Lock)リージェンツ運河(Acton’s Lock)リージェンツ運河(Old Ford Lock)リージェンツ運河(Mile End Lock)リージェンツ運河(Johnson’s Lock)リージェンツ運河(Salmon Lane Lock)リージェンツ運河(Commercial Road Lock)ライムハウス・ベイスンリージェンツ運河(Limehouse Basin Lock)

    [リージェンツ運河(英語:Regent’s Canal)は、ロンドン市街地北部の運河で、パディントン駅の近くリトル・ベンニスとテムズ川のライムハウス・ベースン (Limehouse Basin) を接続している。
    全長は 8.6 マイル (13.8km) で、本線には 13 基の水門がある。運河はリトル・ベンニスからリージェンツ・パークの北の境界をまわって、東に方向を変え、カムデン・ロックやキングス・クロス駅の北側に連絡している。グランド・ユニオン運河の最南端部となっている。
    現在は多くのナロウボートが行き来することはないが、散歩道(曳舟道「リージェント・カナル・トウパス(Regent’s Canal Towpath)」)としてロンドン市民に人気だ。
    産業革命の時代、貨物や石炭を運搬するために1820年に開通した。建築家ジョン・ナッシュにより建設された。20世紀にいると、イーストエンド・オブ・ロンドンでリージェンツ運河沿いに工場、ガスタンクと製材所が多く分布していることがあった。
    カムデン・タウンには運河沿いの材木置き場として利用されていた空間が、徐々にマークットやレストランとして開発している。昨今キングス・クロス、イズリントンショーディッチで運河の近い地域が再開発によって地価が高騰しジェントリフィケーションが進んでいる。運河沿いには、巨大なキングス・クロス・セントラル (King’s Cross Central) 開発地域をはじめ、新しい建物や改装された建物が多数建ち並ぶ。
    水上バス(Jason’s Trip、ロンドン・ウォーターバス・カンパニー)
    運河のおかげでカムデン・ロックやリトル・ベンニスから水上バスでリージェンツ・パークやロンドン動物園にアクセスできる。
    ロンドン運河博物館(Google Mapshttps://goo.gl/maps/J473ZyrR66F2)
    リージェンツ運河に臨むこの博物館は運河の歴史や文化について展覧会している。キングス・クロス駅から徒歩約8分。
    カムデン区にリージェンツ運河の曳舟道・wikipedia-photo、「ライムハウス・ベースン (Limehouse Basin) のテムズ川へ通じる閘門 (1828年)」・wikipedia-photo、「カムデン・タウンの閘門」・wikipedia-photo、「キングス・クロス駅の近く」・wikipedia-photo、「パディントン駅の近くリトル・ベンニス」・wikipedia-photo  (wikipedia・リージェンツ運河より)]

    [リトル・ベンニスとライムハウス・ベースン (Limehouse Basin) 先のテムズ川の間には13の閘門と、3つのトンネル(Maida Hill Tunnel、Eyre’s Tunnel、Islington Tunnel)があります。また、リージェンツ運河には曳舟道「リージェント・カナル・トウパス(Regent’s Canal Towpath)が設置されていて、市民の散歩道として使用されていますが、2つのトンネル(Maida Hill Tunnel、Islington Tunnel)には曳舟道が設置されていないため、一般道に迂回する必要があります。]