リージェンツ運河(ロンドン動物園)

マーカーはロンドン動物園船着き場です。

リージェンツ運河(ロンドン動物園)
[ロンドン動物園(London Zoo)、はロンドンの中心部ウェストミンスターに存在する世界で最初の科学動物園である。1828年に開設された当初は科学的研究のために動物を収集しておくことが目的であったが1847年に一般公開された。現在では650種以上の様々な動物が集められている。
本動物園はロンドン動物学協会により経営されており、その敷地はロンドンのリージェンツ・パーク の北端付近を占めている。リージェンツ運河が動物園内を貫流している。ロンドン動物学協会はベッドフォードシャー州により敷地面積の広いホィップスネイド野生動物園も所有しており、ゾウやサイのような大型動物はそちらで飼育されている。
初期の段階からロンドン動物園は建築物の設計を一流の建築家に依頼することを誇りにしてきた。次にあげる建築物が特に有名である。
●時計塔(1828年。本来はラマ舎として建てられた)及びキリン舎(1836年 – 1837年)は、デシマス・バートンにより設計された(両者とも、第二級指定建築物)。
●マピッン・テラス(1913年 – 1914年)は、サー・ピーター・チャルマーズ・ミッチェル及びジェームズ・ジョアスによる設計(第二級指定建築物)。
  ●ロンドン動物園ペンギンプール(1934年)
  ●ラウンド・ハウス(動物園のゴリラを収容するために1932年 – 1933年に建築)
  ●北門キオスク(1936年)とは、全てバートホールド・ルーベトキン(Berthold Lubetkin)のテクトン (Tecton) 事務所による設計。ただし、ペンギン・プールに就いては一流の構造エンジニアであるオヴ・アラップの協力を受けた。(「プール」「ハウス」は現在第一級、「キオスク」は第二級に指定。)
  ●スノードン禽舎(1962年 – 1964年)はスノードン卿、セドリック・プライス及びフランク・ニュービィの設計。
  ●象舎及び犀(サイ)舎(1962年 – 1965年)は、サー・ヒュー・キャソン及びネヴィル・コンダーが設計した。(現在こうした大型動物には不適とみなされている。)  (wikipedia・ロンドン動物園より)]

[カムデン・ロックやリトル・ヴェニスから水上バスでリージェンツ・パークやロンドン動物園にアクセスできる。]

カメラっ東南東方向がロンドン動物園船着き場です。

ロンドン動物園入口のストリートビューです。