リージェント・ストリート

マーカーはリージェント・ストリートです。

リージェント・ストリート
[リージェント・ストリート (Regent Street)はロンドン中心部、ザ・マルからピカデリー・サーカスオックスフォード・サーカスを経て、All Souls教会までを繋ぐ、弧を描く美しい曲線が特徴の大通りである。ロンドン有数のショッピング・ストリートとして、オックスフォード・ストリートやボンド・ストリートと並んで、世界的に有名である。最寄り駅はピカデリー・サーカス駅またはオックスフォード・サーカス駅
通りの名称「リージェント」は、19世紀初頭のイギリスの摂政 (リージェント)で後の国王ジョージ4世に由来している。摂政の顧問で建築家のジョン・ナッシュはロンドン北部にある公園 (後の「リージェンツ・パーク」)から当時摂政が住んでいたザ・マル沿いのCarlton Houseまでを繋ぐことを発案し、1813年の議会承認を経て、1814年から1825年までの11年間の工事の末、リージェント・ストリートは完成した。ウエスト・エンドにあるリージェント・ストリートには多くのブランドの旗艦店が軒を連ねている。詳細はwikipedia・リージェント・ストリートをご覧ください。
「リージェント・ストリート」・wikipedia-photo、「2011年4月25日、ケンブリッジ公ウィリアム王子及びケイト・ミドルトンの結婚を祝して掲げられたユニオンジャック」・wikipedia-photo、ユニクロ前・wikipedia-photo、Hamleys前・wikipedia-photo、Apple Store・wikipedia-photo  (wikipedia・リージェント・ストリートより)]

カメラ北北西方向がリージェント・ストリートで、カメラ南東方向がウォータールー・プレイスです。

カメラ位置はピカデリー・サーカスで、カメラ西方向がリージェント・ストリートです。

カメラ位置はオックスフォード・サーカスで、カメラ北西方向がリージェント・ストリートです。

カメラ南南東方向がリージェント・ストリート、カメラ北方向がランハム・プレイス(Langham Pl)で見える建物はAll Souls教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*