ロイヤル・アルバート・ホール

マーカーはロイヤル・アルバート・ホールです。

ロイヤル・アルバート・ホール
[ロイヤル・アルバート・ホール(Royal Albert Hall of Arts and Sciences)は、ヴィクトリア女王(在位:1837年 – 1901年)の夫であるアルバートに捧げられた演劇場である。ロンドン中部のサウス・ケンジントン近隣、シティ・オブ・ウェストミンスターに位置し、同劇場の位置する区画はアルバートポリスとして知られる。1871年3月29日の開場以来、ロイヤル・アルバート・ホールでは多くのイベントが行われ伝説的人物を生みだし、「ザ・ネイションズ・ヴィレッジ・ホール」と呼ばれた。建物の大きさは272フィート×238フィートで、形は楕円形をしており8,000人のキャパシティーがある。9,000名までの入場が可能であるが、現代の安全基準では収容数を7,000名としている。ホールの天井は鉄骨のドームにガラス張りとなっており、高さは135フィートである。ホールの外部には「芸術と科学の勝利」を描く巨大なテラコッタが展示される。
ハイド・パークから見たホール・wikipedia-photo  (wikipedia・ロイヤル・アルバート・ホールより)]

ロイヤル・アルバート・ホール – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がロイヤル・アルバート・ホールです。

ロイヤル・アルバート・ホール内のカメラです。

カメラ南方向がロイヤル・アルバート・ホールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*