ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス

マーカーはカメラ位置です。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
[ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(London School of Economics and Political Science, LSE) は、ロンドン中心部オールドウィッチにキャンパスを構える、社会科学に特化した、ロンドン大学を構成する研究・教育機関である。 但し、ロンドン大学を構成する他の研究・教育機関同様、個別の大学として扱われる場合が多い。歴史的に英国労働党と深い繋がりがあり、第二次世界大戦後の福祉国家建設時や近年のトニー・ブレアゴードン・ブラウン政権(所謂New Labour)において、その政策の思想的・学問的支柱を提供してきた。経済学が特に有名で、非アメリカでありながら世界トップレベルの研究・教育を誇り異彩を放つ。 また国際関係学社会学社会政策学など多くの学問分野を開拓するなど、経済学のみならず社会科学全般において多大な貢献をしている。近年においては、NGOの運営に関する研究や環境経営学などの分野においてパイオニア的な存在となっている。現在までLSEは卒業生、教員、創立者から計17人のノーベル賞受賞者、32人の各国首相・大統領・国家元首を輩出しており、Newsweek誌に「欧州で最も政治エリート、世界的な著名人をこれほど多く輩出している教育機関は珍しい。」と評された。
LSEキャンパス・wikipedia-photowikipedia-photo、LSE Houghton Street・wikipedia-photo、LSE図書館・wikipedia-photo、「LSE, New Academic Building」・wikipedia-photo  (wikipedia・ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスより)]

カメラ東南東方向がロンドン・スクール・オブ・エコノミクスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*