ロンドン博物館

マーカーはロンドン博物館です。

[Google アートプロジェクト] – 「ロンドン博物館

ロンドン博物館(Museum of London)
[ロンドン博物館は、ロンドン・ウォールのあるバービカンセンターの近くにあり、第二次世界大戦で爆撃で被害を受けた市のエリアを1960年代と1970年代に再開発し建設されたバービカン複合建築物の一部です。先史時代から現代までの英国の首都の歴史を展示しています。
博物館は、セントポール大聖堂から北へ徒歩数分のところにあり、ロンドン・ウォールの遺跡と、現在の主要な金融地区であるロンドンの最も古い地域シティ・オブ・ロンドンの端にあります。それは主に、ロンドンとその住民の社会的歴史に関するものです。博物館は、ロンドン市公社(City of London Corporation)とグレーター・ロンドン・オーソリティー (Greater London Authority)当局によって共同で管理され、資金提供されています。
博物館は、世界最大の都市史コレクションであり、600万を超えるオブジェクトがあります。
2015年3月、博物館はバービカンサイトから近くのスミスフィールドマーケットに移動する計画を発表しました。提案された移転の理由には、訪問者が現在の場所を見つけるのが難しいという主張、および17,000平方メートルから27,000平方メートルに拡大することにより、博物館のコレクションの大部分を展示することができるという主張が含まれます。移転の費用は約7000万ポンドと推定されており、資金調達が可能であれば、2021年までに完了する予定です。空いたバービカンのサイトの計画には、ロンドン交響楽団の恒久的な本拠地である音楽センターが計画されています。
ロンドン博物館・wikipedia-photo、博物館に展示されている市長の馬車・wikipedia-photo、「ビリングスゲートのテムズ川岸の13世紀の木材の壁の一部。1982年に発掘され、現在博物館に展示されています。」・wikipedia-photo]

[先史時代から現在に至るまでのロンドンの歴史を時代順に見ていく、真面目な博物館である。都市ロンドンの起源である古代ローマ時代のロンディニウム(Londinium)の様子もなかなか面白いし、あるいは、2つの大戦や各種社会運動の起こった20世紀がまさに激動の時代であったことも、ロンドンという1つの都市が体験したことを通じてよく伝わってくる。このように都市史や社会史を中心としてロンドンの通史を学ぶことができる博物館である。なお、この博物館の立地しているバービカン・センター(Barbican Centre)一帯の環境もある種のロンドンの歴史を物語るものである。古くからのロンドンの中心にして金融街として知られるシティ・オブ・ロンドンの北のはずれに当たるこの地区は、第二次世界大戦中ドイツ空軍の激しい空爆にさらされ、戦後、抜本的な再開発が行われた。ここは旧来のロンドンの街並みとは全く異なり、地べたをクルマに明け渡す人車分離により灰色の高架歩道のネットワークが張り巡らされ、その中にコンクリート打ちっ放しの高層住宅のタワーがにょきっと建つ。その一角には、古代ローマ時代からの城壁ロンドン・ウォール(Roman Wall)の跡が保存されており、コンクリートの灰色に支配されたこの町ではよく目立つ。ロンドンの豊かな歴史性と、これを全く無視して戦後の一時期に醜悪なデザインによる再開発が行われたということとの両方をここでは感じとることができるのだ。  (「ロンドンの博物館・美術館 – 傘じゃなくて笠のホームページ」より)]

ロンドン博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向がロンドン博物館(museum of london)です。

カメラ北方向がロンドン博物館(museum of london)で、入口ルートはカメラ東北東方向にあります。

ロンドン博物館(museum of london)進入路擁壁内のカメラです。

ロンドン博物館内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*