ロンドン橋駅

マーカーはロンドン橋駅です。

ロンドン橋駅(London Bridge station)
[ロンドン・ブリッジ駅(英語:Lodon Bridge station )はロンドン中心部の鉄道の終点であり、ロンドン南東部のサザーク・ロンドン特別区にあるロンドン地下鉄駅に接続しています。ロンドン橋のすぐ南東にある 3 つのレベルの広いエリアを占めており、その名の由来となっています。主要鉄道駅はロンドン運賃ゾーン 1 で最も古い駅で、 1836 年に開業した世界で最も古い駅の 1 つです。テムズ川の南にあるロンドンの 2 つの主要ターミナル駅(もう 1 つはウォータールー駅)の 1 つで、ロンドンで 4 番目に忙しい駅で、年間 5,000 万人以上の顧客を処理しています。
駅はもともとローカルサービスとしてロンドン・グリニッジ鉄道( London and Greenwich Railway )によって開かれました。その後、ロンドン・アンド・クロイドン鉄道( London and Croydon Railway )、ロンドン・アンド・ブライトン鉄道( London and Brighton Railway )、サウス・イースタン鉄道( South Eastern Railway )が乗り入れ、重要なロンドンの終着駅となりました。より多くのサービスを提供し、容量を増やすために、 1849 年と 1864 年に再建されました。ロンドン橋駅からのローカルサービスは、 20 世紀初頭に電化され始め、 1930 年代までに全国路線に広まりました。この駅は、1970年代にナショナル・レールによって広範囲に再建され、包括的な再信号方式と線路の調整が行われました。ガトウィック空港ルートン空港クロスレールへの接続を提供するテムズリンクルートに対応するため、2010年代にさらに再開発されました。
ロンドン橋駅は、チャリング・クロス駅キャノン・ストリート駅から、ロンドン南東部、ケントイースト・サセックスの目的地までの南東部のサービスを提供し、ロンドン南部やイギリス南東部の多くの目的地への多くの南部通勤および地域サービスのターミナルです。ベッドフォードケンブリッジピーターバラからブライトン、およびサセックスとケントの他の目的地までのテムズリンクサービスは、2018年に駅のサービスを開始しました。
2009 年から 2017 年にかけて駅は全面的に再開発され、すべてのプラットフォームが再構築され、 2 つの新しいストリートレベルの入り口が追加され、乗客用コンコースと小売施設が変更されました。ザ・シャードは 2012 年に駅の隣にオープンしました。ターミナルレベルのコンコース用の新しい入り口と屋根があり、建物の正面に大きなバス停が建設されました。ターミナルレベルのコンコース用の新しい入り口と屋根があり、建物の前に大きなバス停が建設されました。その後、テムズリンクプログラムにリンクされたマスタープランと呼ばれる主要な変革プログラムが続きました。
作業は 2012 年に南側のセント・トーマス・ストリート( St Thomas Street )に隣接するターミナルプラットフォームで始まり、数を 9 基 から 6 基 に減らし、より長い 12 両編成の列車に対応できるように拡張しました。プラットフォーム 6 基から 3基増設して 9 基に体制にして、すべて 12 両編成の列車に対応しています。再開発された駅では、チャリングクロスサービスに 4 つの新しい専用プラットフォーム( 6 – 9 )が割り当てられ、テムズリンクサービスにはプラットフォーム 4 および 5 が割り当てられました。ノースサイドのキャノンストリートサービス用の既存のプラットフォーム駅の改築も行われた。
工事中、プラットフォームが再建されたため、チャリング・クロス駅発の列車は 2015 年から 2016 年のほとんどの期間、駅に停車しませんでした。 2016 年から 2017 年にはキャノン・ストリート駅発の列車が続きました。テムズリンク列車またはテムズリンク路線からのテムズリンクサービスは、 2015 年と 2018 年 5 月の間、停車しませんでした。作業プログラムが完了すると、頻度が大幅に向上した終日サービスが始まりました。
再建作業の一環として、終点の列車小屋のイギリス指定建造物である北側の壁が解体され、新しい擁壁に置き換えられました。また、終端のプラットフォーム上の屋根のイギリス指定建造物にあるベイは解体され、保管されました。再構築された各プラットフォームには、独自の全長プラットフォームの庇があります。
乗客の乗り換えの為、プラットフォームをリンクしていた 1970 年代の歩道橋も解体され、エレベーター、階段、エスカレーターがアクセスするプラットフォームの下の乗り換えコンコースに置き換えられました。これには、歩行者を入れて新しいコンコースの一部となった、ステイナー・ストリート( Stainer Street )とウェストン・ストリート( Weston Street )の間のレンガの丸天井の解体が必要でした。ウエスタン・アーケード( Western Arcade )からジョイナー・ストリート( Joiner Street )、地下鉄駅までの既存のショップを改装された樽型保管庫に移転することにより、より広いルートが作成されました。 2 つの主要な新しい通りレベルの入り口が、セント・トーマス・ストリートの南側とトゥーリーストリート( Tooley Street )の北側に開かれました。これは 1893 年建築の SER オフィスビルを解体することを必要としました。
改装された駅は、ケンブリッジ公ウィリアム王子によって 2018 年 5 月 9 日に正式にオープンしました。プロジェクトの推定総額は約10億ポンドでした。 2019 年 7 月、改装されたステーションは、建築の優秀さに関するスターリング賞の最終候補になりました。
ステーションのプラットフォーム構成は次のとおりです。
● 1 番、 2 番、 3 番のプラットホームは、キャノンストリート駅、ロンドンとケントの南東部を結ぶ電車を運行しています。
● プラットフォーム 4 と 5 は、ブライトン駅( Brighton railway station )とテムズリンク路線間をブラックフライアーズ駅を経由してテムズリンク列車を運行しています。
● 6 〜 9 番のホームは、チャリングクロス駅との間で、ロンドン南東部、ケント、イーストサセックスまで電車を運行しています。
● 10 番から 15 番のプラットフォームは、主に南ロンドンと南海岸に向かう南部のサービスを提供します。
プラットフォームは、ストリートレベルの大きなコンコースでつながっていて、セント・トーマス・ストリートとトゥーリー・ストリートの入口があるチケット売り場、小売施設、待合室があります。
ロンドン橋駅ホーム

2018 年 1 月の中央駅コンコース・wikipedia-photo、プラットフォーム 7 〜 9 の新しいコンコースの一部・wikipedia-photo]

ロンドン ブリッジ駅 クチコミガイド【フォートラベル】|Lodon Bridge ..

London Bridge – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が従来のロンドン橋駅の入り口です。

カメラ南西方向がトゥーリー・ストリート側の新しいロンドン橋駅の入り口です。

セント・トーマス・ストリート側の新しいロンドン橋駅の入り口です。

新しいロンドン橋駅のコンコースのカメラです。

新しいロンドン橋駅の乗り換えコンコースのカメラです。

新しいロンドン橋駅の乗り換えコンコースのカメラです。

1 番ホームのカメラです。

4 ・ 5 番ホームのカメラです。

8 ・ 9 番ホームのカメラです。

カメラ南東方向がジョイナー・ストリート(ザ・シャード)側のロンドン橋駅の新しい入口で、カメラ南南東方向がザ・シャードです。

10 – 15 番ホームゲート前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*