旧ビリングズゲート魚市場

マーカーは旧ビリングズゲート魚市場です。

旧ビリングズゲート魚市場
[ビリングズゲートの現在地での歴史は前述の通り32年だが、発祥までさかのぼると、ロンドンで最も古い市場のひとつといえる。この市場で商いに携わる者に場所代が課せられた記録が残る1016年を起点としても、通算で千年近い歴史を誇る。この1016年以前に、既に市場として定着していたと見るべきだろう。長さを比べれば、ノルマンディ公ウィリアム(ウィリアム1世/1066年に即位)を祖とする英王室の歴史に匹敵、またはそれ以上だ。
従来はロンドン・ブリッジに対して東側、つまりテムズ下流側に位置していたことから、船の係留や荷降ろしに便利な場として、重宝されたようだ。13世紀頃には魚のほかにトウモロコシや酢、塩なども荷揚げされていたことが分かっており、1400年にはヘンリー4世が市場での営業を許す代償として、場所代を課す決定をした記録がある。
その後も、トウモロコシ、石炭、鉄、ワイン、塩、陶器、フルーツや様々な雑貨などを魚と共に取り扱って、大いに活況を呈した。16世紀頃までは魚に特化した市場というわけではなかったのが魚中心になったのは、1698年に「ビリングズゲートを魚全般を取り扱う、自由で開放された市場とする」という法律が議会を通過してから。これは、独占専売を行なっていた魚売り業者に規制をかけ、より多くの売り手が公平にビリングズゲートでビジネスに参加できるように環境を整えることを目的にしたものだったという。しかし、この法律の制定後もウナギだけは例外で、当時テムズ河に船を停泊させていたオランダ人漁師にのみ、専売が許可されていた。その理由は、ロンドン大火(1666年9月に起きた大火災)の折に、オランダ人漁師たちがロンドン市民に食べ物を供給してくれたことへの見返りだったといわれている。
魚介類や水産物加工品専門の市場となってからも、19世紀中頃までは、市場として決まった建物はなく、ビリングズゲートの船着場や桟橋辺りの空きスペースのあちらこちらに建つ、露店や小屋で商品が売られていた。しかし、これでは効率が悪い。取り扱われる量が増えるに従って、市場として、取り扱い業者すべてが一つ屋根の下に集うことのできる大規模な建物の必要性が唱えられるようになる。
1850年、ビリングズゲート市場のための最初の建物が、テムズ河岸のロワー・テムズ・ストリートに完成。しかしながら、この建物はすぐに魚市場には不向きであることが判明、1873年に取り壊されてしまう。
この失敗の後、2代目の建物の設計は慎重に行われた。タワーブリッジスミスフィールド市場の設計で知られるシティ・オブ・ロンドンお抱えの建築家、ホレース・ジョーンズ(Horace Jones)卿に設計を依頼、建設が行われた。
ジョーンズ卿を選んだのは正解だった。この2代目の建物は、内部は魚の卸売りに必要な条件を考慮して、鉄骨を生かしたアーケード型の実用的なマーケット・ホールとなっていたが、外部はフランス・ルネッサンス風のマンサード屋根を施したデザインで、今もグレードⅡの歴史的建造物の指定を受けて保存されるほど美しい建物に仕上がった。また、サイズとしても19世紀当時では世界で最も大きな魚市場だったという。
しかしながら、せっかく建て直しまでして1877年に再オープンさせたにもかかわらず、次なる問題がもちあがる。ロワー・テムズ・ストリートが交通量の多いA3211線とつながっているという立地に対して、批判の声が聞かれるようになっていく。ビリングズゲート魚市場が、大都市ロンドンで交通の妨げになっているというのだ。とはいえ、これだけの規模の市場を移転させるのは容易なことではない。移転が本格的に検討されるのは、1970年代になってからのことだった。
1982年1月16日、ビリングズゲート魚市場はついに再閉鎖の憂き目にあうこととなる。実際の移転作業中、魚の卸売りはストップするわけだが、ロンドンの外食産業に及ぶ影響は最小限にとどめねばならない。新しい魚市場の建物の完成を待ち、一斉に『引越し』を行う方法がとられた。
かくして3日後の1月19日、新ビリングズゲートの門が開き、ビジネスが再開されたのだった。移転に際し、旧市場で商品搬出の始まりの合図に使われていた古い鐘も新しい場所へ移された。また、旧魚市場の建物は、2千2百万ポンドでロンドン・エジンバラ・トラストに売却され、現在はイベント会場として使用されている。  (「おいしい魚が待っている!ビリングズゲート魚市場を征く [Billingsgate …」より)]

Old Billingsgate – Google Map 画像リンク」「Old Billingsgate – Google Map 画像リンク」

カメラ南東方向が旧ビリングズゲート魚市場です。

カメラ北北東方向が旧ビリングズゲート魚市場です。