聖マーガレット教会

マーカーは聖マーガレット教会です。

聖マーガレット教会_(ウェストミンスター)
[聖マーガレット教会 (The Anglican church of St Margaret, Westminster)は、イギリスロンドンにあるイギリス国教会の教会。ウェストミンスター寺院と同じ敷地内にあり、英国議会が議場をおくウェストミンスター宮殿の教区教会である 。聖マーガレットに献堂されている。最初の教会は12世紀にベネディクト会派聖職者によって建てられた。寺院周辺に住む地元の人々は自分たち自身の簡素な教区教会として分離させ、1486年から1523年にかけ再建された。17世紀のピューリタンが、不幸にも高尚な礼拝用寺院とともに聖マーガレット教会がさらに適していると議会運用施設に選んだため、1614年にウェストミンスター宮殿の教区教会となった。これが現在まで続いている。北西の塔は1734年から1738年にかけ、ジョン・ジェームズにより再建された。同様に、全体構造はドーセット州から持ち込んだポートランド・ストーン(石灰岩)で包まれた。東部と西部のポーチは両方とも後世にジョン・ラフバラ・ピアソンによって加えられたものである。教会の内装は大幅に修繕され、現在の様子は1877年にジョージ・ギルバート・スコットによって変更されたものである。それでも多くのテューダー朝様式が残っている。
よく知られる装飾では、1509年に東側窓につけられたフランドルステンドグラスが挙げられる。これはヘンリー7世_(イングランド王)の長男でプリンス・オブ・ウェールズだったアーサー・テューダー王子と、カトリック両王の娘キャサリン・オブ・アラゴン王女との婚約を記念して造られた。1987年、世界遺産登録。
聖マーガレット教会・>wikipedia-photo、「聖マーガレット教会。左はビッグ・ベン、右はウェストミンスター寺院」・>wikipedia-photo、「ロンドン・アイから見た聖マーガレット教会」・>wikipedia-photo、プラーク(銘板)・wikipedia-photo  (wikipedia・聖マーガレット教会_(ウェストミンスター)より)]

聖マーガレット教会 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が聖マーガレット教会です。

聖マーガレット教会クワイア前のカメラです。