カルロ・フェリーチェ劇場

マーカーはカルロ・フェリーチェ劇場です。

カルロ・フェリーチェ劇場Teatro Carlo Felice
[ジェノヴァの有名なオペラ劇場。フェッラーリ広場からすぐのところにあります。第二次世界大戦中に破壊された部分の修復が1987年に終了。堂々たる外観が美しいこの劇場は、内部の舞台装置が大変近代的なものです。
カルロフェリーチェ劇場は、ジェノヴァの主要なオペラハウスで、オペラ、バレエ、オーケストラ音楽、リサイタルの公演に使用されます。ホールはキングカルロフェリーチェにちなんで名付けられ、建築計画は1824年12月24日、最も優れた劇場部門が設立された日から始まります。1825年1月31日、地元の建築家カルロ・バラビノ(Carlo_Barabino)は、サン・ドメニコ教会(Chiesa di San Domenico)跡の敷地に建てられるオペラハウスの設計を提出しました。ドミニカの修道士(Dominican Order)は、遅延や儀式なしで他の場所に移動し、新しい建物の礎石は、1826年3月19日に敷設されました。
ヴィンチェンツォ・ベッリーニのビアンカとフェルナンド(Bianca e Fernando)の初演は、1828年4月7日に行われましたが、構造と装飾は完全には完成していませんでした。
1892年、ジェノヴァはコロンブスの「アメリカ大陸の発見」から400周年を記念し、カルロ・フェリーチェ劇場を改修し、420,000リラ(ほぼ£17,000)の費用で改装されたことを祝い、アルベルト・フランケッティ(Alberto Franchetti)のオペラ、クリストフォロ・コロンボ(Cristoforo Colombo)が、1892年10月6日にカルロ・フェリーチェ劇場で初演されました。
1944年9月の空襲により、劇場の正面が破壊され、事実上、外壁と箱の段の後ろにある廊下のみが残されました。オペラハウスの中で最も豊かだったものは、むき出しの壁と屋根のない柱廊の骨組みになりました。
戦後のオペラシーズンは、40年以上にわたり、マルガリータ劇場の緊急劇場で開催されました。
カルロ・フェリーチェ劇場は1991年6月に正式に再開され、メインホールには最大2,000席、小さな講堂には最大200席があります。
フェラーリ広場側のカルロフェリーチェ劇場・wikipedia-photo、劇場前のジュゼッペ・ガリバルディの像・wikipedia-photo、夕方の劇場の正面・wikipedia-photo、劇場の最も初期の画像の1つ・wikipedia-photo、劇場とその周辺の空撮・wikipedia-photo]

カルロ・フェリーチェ劇場 – Google Map 画像リンク

カメラ位置はフェッラーリ広場で、カメラ北東方向がカルロ・フェリーチェ劇場です。

カルロ・フェリーチェ劇場エントランスのストリートビューです。

カルロ・フェリーチェ劇場二階観客席のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*