カンパネッラ宮殿

マーカーはカンパネッラ宮殿です。

[メリディアーナ広場フォンターネ・マローゼ広場間の通りは、ストラーダ・ヌオーヴァ(新街路)と呼ばれ,世界遺産に登録されています。(wikipedia・ジェノヴァのレ・ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ制度より)]

カンパネッラ宮殿(Palazzo Baldassarre Lomellini)
[1562年からスペインのフィリップ2世(在位:1556年 – 1598年)の銀行家であるバルダッサー・レロメリーニ(Baldassarre Lomellini)のために、ジェノヴァの「商工会議所の建築家」であり、ドリア・トゥルシ宮殿の設計者であるジョヴァンニポンゼッロ(Giovanni Ponzello)のプロジェクトで建設されました。
画家アンドレア・セミノ(Andrea Semino)はサロンをローマの物語のフレスコ画にしました。タッデオ・カルローネ(Taddeo Carlone)の白い大理石のポータルのみが、「venturi non immemor aevi」と刻まれた元の16世紀のファサードから生き残っています。元の外観は、1622年のルーベンスの彫刻によって証明されています。
建物は16世紀の終わりに所有権を変更し、最初にサルバゴ家の手に渡り、1772年にフランスジェノヴァ共和国大使クリストフォロ・スピノラ(Cristoforo Spinola)侯爵に渡りました。彼はジェノバのエマヌエーレ・アンドレア・タリアフィチ(Emanuele Andrea Tagliafichi)に改修を依頼し、有名なフランスの建築家シャルル・ド・ワイリー(Charles De Wailly)の助けを借りて、新古典主義の新たな趣味に応じて外観を更新します。 1773年から実施された改修により、落ち着いた厳格なアトリウム、元の庭に取って代わるアーケード付きの中庭、および古典的なパビリオンで飾られた上のテラスが実現しました。しかし、最も有名な作品は、いわゆるサローネ・デル・ソーレ(Salone del Sole)でした。これは、ド・ワイリーが働いていたベルサイユ宮殿に触発された、建築と装飾の壮大な傑作です。サロンは1942年に爆撃によって破壊され、後に元の装飾の残りの部分は削除され、再構築されなくなりました。
西翼の拡張とフランス風の内装のリニューアルにつながった10年間の工事の後、フランスに引っ越したスピノラは、その建物をドメニコ・セラ(Domenico Serra)伯爵に売却しました。1917年に所有者のティト・カンパネラ(Tito Campanella)が購入し、そこに事務所を構え、2階の貴族階に住んでいました。
カンパネッラ宮殿・wikipedia-photo、新古典主義のアトリウム・wikipedia-photo、シャルル・ド・ワイリー作「サローネ・デル・ソーレ」・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、バルダッサーレロメリーニ宮殿(カンパネッラ宮殿)の画像またはその他のファイルが含まれています。]

カンパネッラ宮殿平面図

Via Garibaldi 12 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がカンパネッラ宮です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*