コロンブスの家

マーカーはコロンブスの家です。

コロンブスの家(Casa di Cristoforo Colombo)
[ジェノヴァクリストファー・コロンブスの家は、クリストファー・コロンブスが青春時代に住んでいた建物の再建(18世紀に遡る)です。
現在、市の歴史的な博物館の柱として使用されているこの家は、ソプラーノ門から少し離れた場所にあり、古代の中世の壁のすぐ外側にあります。歴史的な文書により、学芸員は、1455年から1470年までの間に含まれる時間枠にそこに住んでいたことを確認することができました。
建物は何世紀にもわたって多くの変化を遂げてきました。その主な変化は、1684年のフランス王ルイ14世(在位:1643年 – 1715年)のジェノヴァ共和国遠征による砲撃によるもので、ジェノヴァはフランス海軍の容赦ない砲撃にさらされた。1685年5月、ドージェは恥をかかされに自らヴェルサイユへ出向かざるをえなかった。ベルベットの衣服を着たドージェはルイ14世に全面降伏しました。
博物館の家の管理は、ジェノベーゼ文化協会「ソプラーノ門」に委ねられています。
現代の訪問者が見られる家は、おそらく元の中世の建物の18世紀初頭に行われた再建です。
歴史家マルチェロ・スタグリーノ(Marcello Staglieno)が指摘したように、1684年にフランス国王ルイ14世の海軍艦隊の砲撃により、同じ地域の他の人々と同様に、家はほぼ確実に打撃を受け、破壊されました。
スタグリーノによれば、コロンブスの当時の建設は2階か3階建てで、元の遺跡に基づいて時間の経過とともに修復されました。アーカイブ文書は、それがコロンブス家の家であったことを示しています。
コロンブスの時代には、この家は14世紀の壁の拡張の一部であることがわかり、この地域は主に人気のある家で、激しい建物開発の対象となりました。
その地域はサント・ステファノ教会の教区の一部でした。
砲撃により必要となった再建後、18世紀の終わりに合計5回に達する改修が元の建物に追加された可能性もあります。
家は、ルネサンス期に修正された都市の周辺地、つまり中世の壁の外に立ちます。
古代名Vico Dritto di Ponticelloの家は、クリストファー・コロンブスの時代と同じように何世紀にもわたって残っており、家の構造も同じです。1階にはショップがあり、この左側にはメインファサードに関して入口のドアがあります。
木製の梁の床がそれを上階から分離しており、おそらくそれが始まりだったと思われます(コロンブス家からババレロ家への譲渡の行為から推測することができるため)。
1887年、ジェノヴァ市がアンドレア・ポデスタ(Andrea Podestà)市長の2度目の任期中に、この家を購入し、航海者の生家の真実性を明確に証明しました。
家の正面には、4歳の幼年期から少年期のクリストファー・コロンブスの家を示す、次のような銘板(ラテン語とイタリア語)が展示されています。
(LA)
«Nulla Domus Titulo Dignior Paternis In Aedibus Christophorus Columbus Pueritiam Primamque Juventam Transegit»
(IT)
«Nessuna casa è più degna di considerazione di questa in cui Cristoforo Colombo trascorse, tra le mura paterne, la prima gioventù»
コロンブスの家の隣には、1904年に同名の丘の発掘時に取り壊されたサンタンドレア教会と修道院の12世紀の回廊があります。 建築家のアルフレド・ダンドラデ(Alfredo d’Andrade)によって保存された建築物を構成する石は、後に現在の場所で再組み立てされました。
1900年頃のVico Dritto di Ponticelloの家北側がXX.セッテンブレ通り(Via XX Settembre)の建設につながった作業の一環としてた解体により、コロンブスの家は、家の耐力壁に梁を並べて配置して建てられていたため、双方が取り壊されると立ったままになりませんでしたので、上の3階は削除され、現在のレイアウトになりました。
ジェノヴァのサンタンドレア(Piano di Sant’Andrea)の階にあるクリストファー・コロンブスの家・wikipedia-photowikipedia-photo、12世紀に建てられた教会と修道院のサンタンドレア修道院回廊(復元)・wikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photo、ソプラナ門を見下ろす2つの塔・wikipedia-photo、「ジュリオ・モンテベルデ(Giulio Monteverde)作『コロンボの若者(Colombo giovinetto)』(ダルベルティス城(世界文化博物館)収蔵)・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、クリストファーコロンバスの家に関する画像やその他のファイルが含まれています。
ウィキソースには、ルイジ・トンマーゾ・ベルグラーノ作「クリストファー・コロンブスによるジェノヴァの居住住宅に関する報告書」の全文が含まれています。]

コロンブスの家 – Google Map 画像リンク」「St Andrew cloister ruins – Google Map 画像リンク

カメラ西方向・ソプラーノ門の手前右がコロンブスの家博物館です。

カメラ北方向がコロンブスの家博物館です。カメラ南西方向に「Vico Dritto di Ponticello」の標識板があります。

コロンブスの家博物館内のカメラです。

サンタンドレア修道院回廊(復元)のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*