サント・ステファノ教会

マーカーはサント・ステファノ教会です。

サント・ステファノ教会(Chiesa di Santo Stefano)
[サント・ステファノ教会(またはサント・ステファノ修道院)は、ジェノヴァで最も有名なキリスト教の礼拝所の1つであり、その教区コミュニティは、カリニャーノ(Carignano)「ジェノヴァ大司教区のフォーチェ」の一部です。
XX・セテンブル通り(via XX Settembre)の中央を見下ろす丘の上に位置し、リグーリア州の首都のロマネスク建築の最も重要な例の1つでした。 この教会では、クリストファー・コロンブス洗礼を受け、若きジョバン・バティスタ・ペラッソも洗礼を受けたと考えられています。
現在の建物は、聖ミカエル大天使専用の5世紀の小さな教会の遺跡の上に建てられました。それについて言及している最古の文書は、965年4月1日にさかのぼる寄付行為です。
サント・ステファノの教会は、単一の身廊を備えた長方形の平面を持ち、その下には地下室があり、おそらく聖ミカエルに捧げられた小さな教会の元の核である中庭があります。1306年に修道院長ニコロフィエスキ(NicolòFieschi)によってレンガで再建されたドームは八角形で、鐘楼は同じ世紀に建てられました。鐘楼の下部の日付は不確かですが、教会よりも前のものであり、もともと望楼として機能していたと考えられています。
歴史
聖ステファノに捧げられた新しい修道院教会の設立は、972年にジェノヴァ・セオドゥルフ(Genova Teodolfo)司教による設立までさかのぼります。この司教は、934年にサラセン人の襲撃によってなされた破壊を修復することを意図していました。修道院は、今日のポルトリアの教区とともに、サン・コロンバーノ・ディ・ボッビオ修道院(Abbazia di San Colombano di Bobbio)に寄付されました。
ボルゴ・サント・ステファノ(Borgo Santo Stefano)の修道院の近くには、1120年に証明された病院もありました。
サント・ステファノ修道院は972年から1431年までは、サン・コロンバーノ・ディ・ボッビオ修道院が所有権を持ち、その後、1529年から1797年にかけて、モンテ・オリヴェート(Monte Oliveto)のベネディクト会修道士に属しました。
教会は1054年以降教区に昇格し、1125年、シギフレド(Sigifredo)司教の時代、教区はサント・ステファノ修道院からサン・ロレンツォ大聖堂の教区に移動します。1217年にボッビオの修道院教会のモデルに基づいて建てられ、ウゴリーノ・コンティ(Ugolino Conti)枢機卿(後の教皇グレゴリウス9世・在位:1227年 – 1241年)とシニバルド・フィエスキ(Sinibaldo Fieschi)(後の教皇インノケンティウス4世・在位:1243年 – 1254年)によって再奉献されました。教会には、628年からボッビオ・サン・ベルトルフォ(Bobbio san Bertulfo)修道院長が所有していたビザンチン様式の銀製のボンネットに収められた聖ステファンの腕の遺物が与えられました。
1398年、教皇派と皇帝派の派閥抗争の際に、隣接する家屋と銀行家の「銀行」があったアーケードの火災により建物が破壊されました。教区の機能は近くのカンペットのS.パオロ教会(chiesa di S. Paolo in Campetto)に移されました(S.パオロ教会は現在は廃止)。
1401年に教皇ボニファティウス9世(在位:1389年 – 1404年)によって下された決定により、1431年に教会は「コメンダ(commenda・修道士の管理から世俗の聖職者に管理を委ねる)」となり、ロレンツォ・フィエスキ(Lorenzo Fieschi)枢機卿に委ねられました。
1529年に最後のコメンダの修道院長(Abate commendatario)であるヴェローナの司教ジャン・マッテオ・ギベルティ(Gian Matteo Giberti)は、教会と修道院をモンテ・オリヴェート・マッジョーレ(Monte Oliveto Maggiore)の修道院に委任しました。
修道院の旧建物は1535年に取り壊され、17世紀半ばに聖ミカエル大天使専用の5世紀の小さな教会の遺跡の上に新しい修道院が建てられ、古代の地下聖堂が消えました。1759年にモンテ・オリヴェートの修道士が新しい合唱団を設立しました。モンテ・オリヴェートの修道士は1775年まで残り、1776年以降、修道院は、そこに存在していた世俗の聖職者に委ねられ、修道院長の称号と記章は教区司祭に属していました。
ジェノヴァは1797年、ナポレオン・ボナパルト率いるフランス軍に侵攻され、その傀儡国家であるリグリア共和国となり、ナポレオン支配下のもと、修道院は宗教法人廃止政策により廃止されました。
古い教会を復元する試みは、19世紀の終わりに建築家アルフレード・ダンドラーデ(Alfredo d’Andrade)によって開始され、1904年、ダンドラーデは古い教会の隣に、ロマネスク様式の新しい教会の建設を始めました。1908年に発足した「双子」教会は、数年後、1912年1月17日に古い通路の左側の通路が崩壊したために損傷を受けました。 建築家ダンドラーデは1915年に亡くなりましたが、状況は封鎖されたままです。両方の教会は、第二次世界大戦(1942年10月23日、1943年8月7日から8日の夜)の爆撃で大きな被害を受けました。聖ステファンはファサードの半分が破壊され、屋根の大部分が破壊されました。
ジェノヴァ大司教、ジュゼッペ・シリ(Giuseppe Siri)枢機卿は、古いロマネスク様式の教会の再建を望み、1946年に始まった工事は1955年12月11日の奉献で完了しました。
ファサード・wikipedia-photo、基礎となるXX・セテンブル通りから見た教会・wikipedia-photo、「教会の別の視点。ジェノヴァ建築の典型的な黒と白のバンドが組み込まれた基礎となる柱廊は、19世紀と20世紀の変わり目に、Via XX Settembreの建設の際に作成されました。」・wikipedia-photo、教会の鐘楼・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、サントステファノ教会の画像またはその他のファイルが含まれています。]

Santo Stefano – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向・ポルティコ上にサント・ステファノ教会があります。

カメラ東南東方向が、サント・ステファノ教会です。

サント・ステファノ教会内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*