サン・シーロ教会

マーカーはサン・シーロ教会です。

サン・シーロ教会(英語:San Siro (Genoa)、イタリア語:Basilica di San Siro)
[リグーリア州ジェノヴァで最も古い教会の1つであるサンシーロ教会は、マダレーナ地区の同じ名前の通りにあるカトリック礼拝の場所です。4世紀の伝統に従って建てられ、当初は十二使徒にちなんで名付けられました。 聖人聖シーロはそこに埋葬され、ジェノヴァで最初の大聖堂になりました。サン・シーロ教会の教区コミュニティは、ジェノヴァの大司教区の「中央西部」の代名詞の一部です。 非常に豊かなインテリアは、ジェノバのバロックの最も代表的なものです。
起源
現在の歴史的中心部の中心である、原始的なカロリング朝の城壁の外側に位置するバシリカは、ジェノヴァ主教区の最初の大聖堂でした。現在の教会は、12使徒にちなんで名付けられた古代の礼拝所の場所に建てられました。12使徒は、伝統に従って4世紀の伝統に従って建てられました(おそらく6世紀に建てられました)。
当初は聖使徒に捧げられていましたが、4世紀に住んでいたジェノヴァの最初の司教の一人であるサンシーロに捧げられました。当時はミラノ大聖堂に依存していましたが、その後何世紀にもわたってジェノヴァの教区の大聖堂として機能していました。10世紀に司教座はサンロレンツォの新しい大聖堂に移されました(18世紀の歴史家フランチェスコ・マリア・アッシネッリ(Francesco Maria Accinelli)は移籍の日付として985を報告しています)。ここで、すでに述べたように、サンシーロの遺物も後に転送されました。他の歴史家によると、司教座の移転は、おそらく2つの教会が大聖堂を共有した期間の後、11世紀の初めに行われたと考えられるとしています。
大聖堂の移転は、サンシーロ教会が中世の城壁から除外されたため、特に9世紀および10世紀に都市を激しく襲ったサラセン人の襲撃にさらされたという事実に決定的な影響を与えました。
最初の再建
1006年(または1007年)にジョヴァンニ2世司教が修道院に建て、ベネディクト会に割り当て、11世紀と12世紀の間の寛大な寄付のおかげで、元の教会の代わりに3つの身廊を持つ大きなロマネスク様式の大聖堂を建て、 周辺地域の都市化、いわゆる「Burgus」への大きな後押しとなりました。
バシリカは、1237年8月9日にオットーネ(Ottone)2世大司教によって厳粛に奉献されました。 ベネディクト派は1398年までそこに留まり、教皇ボニファティウス9世(在位:1389年 – 1404年)の下で、教会大分裂(1378年から1417年)により14世紀を通じて衰退した期間の後、教会は表彰されました。 大司祭オベルト・サッコ(Oberto Sacco)は、最初の称賛すべき修道院長(Abate commendatario)でした。
2世紀後の1575年8月5日、最後のベネディクト派の最後の放棄により、教皇グレゴリー13世(在位:1572年 – 1585年)の簡潔な記述が、1572年からジェノヴァにあるラマダレーナ教会に存在するテアティーヌ(Teatini)神父に教会を委ねました。代わりに大修道院長の肩書きはジェノヴァのpro-tempore司教に移され、今でも大司教の職に帰せられています。
16世紀の再建
1580年、教会の南翼全体が火事で破壊され、テアティーニ(Teatini)神父は完全に再建することを決めました。 新しいバロック様式の建物のプロジェクトの作成者は、対抗宗教改革によって提供されたフォームに従って構成され、不確実ですが、歴史家によると、教会内のピネリ礼拝堂を担当したことが確実であるとしてヴァンノーネ (Vannone)としている。また別の歴史家は、聖職者の会衆(Teatinos)であるアンドレア・リッチョ(Andrea Riccio)またはダニエレ・カセッラ(Daniele Casella)がサヴォーナの建築家ジャコモ・ベシオ(Giacomo Besio)の協力を得て建設したとしています。教会の隣に、修道院と回廊も建てられました。
1584年に開始されたこの作業は、ドームが完成した1619年まで続きましたが、1610年には最初の荘厳なミサで祝われ、1613年には主要な組積造が完成しました。 内装は17世紀中に作られましたが、新古典主義様式のメインファサードは19世紀に建てられました。
テアティネスは教会の再建のための公的資金の要請に失敗しましたが、補助金はさまざまなジェノヴァの貴族の家族により行われ不足していませんでした。
18世紀には、ストラーダ・ヌオビシマ(現在のカイロリ通り(via Cairoli))の開設により、修道院と回廊が縮小されました。1798年、ナポレオンリーグレ共和国によって発行された僧院の命令の抑制の法律により、テアティーヌは修道院と教会を放棄しなければならず、教会は教区の聖職者に委ねられました。
19世紀から現在まで
1821年、カルロ・バラビーノ(Carlo Barabino)の設計に基づいて、最終的にメインファサードが新古典主義様式で建てられました。それ以前は、1622年にルーベンスによって設計が報告された再建時に計画されたプロジェクトが実行されなかったため、ファサードは荒れたままでした。
1904年、古代ロマネスク様式の鐘楼が老朽化により解体されました。
教会は第二次世界大戦中の爆撃により深刻な被害を受け、その後数年で修復されました。特に、左通路の2つのチャペルとプロビデンスの聖母の祭壇が破壊されました。
2007年から2008年の間に、礼拝堂と内陣の装飾とフレスコ画の修復が行われました。
上り坂から見たサンシーロのファサード・wikipedia-photo、ジェノヴァの司教サンシーロ・wikipedia-photo、インサイド・wikipedia-photo、通路のチャペル・wikipedia-photo、「ピエール・ピュージェ(Pierre Puget)による内陣の高祭壇」・wikipedia-photoヴォールトドームwikipedia-photo、オラツィオ・ジェンティレスキ(Orazio Gentileschi)作『受胎告知(Annunciazione)・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、サンシーロ教会の画像またはその他のファイルが含まれています。]

「受胎告知」(オラツィオ・ローミ・ジェンティレスキ作)
[イタリア・バロックの巨匠オラツィオ・ローミ・ジェンティレスキ(1563-1629年)は、イタリアでは数多い芸術家一家のひとつジェンティレスキ家の一員です。『受胎告知』は、貴族サウリ家に招かれてローマを離れた画家がジェノヴァ滞在の折に描いたもので、その洗練された高貴さゆえにジェンティレスキの最もよく知られた作品のうちの一つです。ジェンティレスキはジェノヴァ滞在を期に一気に著名画家となり、多くのパトロンを得るようになりました。そして、1624年にはパリへと赴き、1625 年頃までマリー・ド・メディシスのために制作をしています。次に1626年にチャールズ1世_(イングランド王)の宮廷に招かれ、終生イギリスにとどまることとなるのです。ジェンティレスキが生涯最後に手がけたグリニッジのクィーンズ・ハウスのための天井画装飾は、イタリアから呼び寄せた娘のアルテミジアとの共作となりました。そして、そのアルテミジア・ジェンティレスキは、オラツィオの優れた後継者となっていきます。ジェンティレスキの洗練された作品たちは、王室や個人注文者から称賛され、愛されました。そしてしばしば、同じ構図で何枚ものヴァージョンを制作しています。この作品の同ヴァージョンも現在、ジェノヴァのサン・シーロ聖堂に所蔵されているのです。  (「受胎告知」より)]

サン シーロ教会 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がサン・シーロ教会です。

サン・シーロ教会拝廊のカメラです。

サン・シーロ教会祭壇前のカメラです。

サン・シーロ教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*