サン・ジョヴァンニ・ディ・プレのコマンドリー

マーカーはサン・ジョヴァンニ・ディ・プレのコマンドリーです。

サン・ジョヴァンニ・ディ・プレのコマンドリー
[サン・ジョヴァンニ・ディ・プレのコマンドリーは、ジェノヴァ・ピアッツア・プリンチベ駅の近く、プレ(Prè)地区コンメンダ広場にあるジェノアのカトリックの複合施設です。
複合体は、建築体の大部分を構成する2つのロマネスク様式の教会、および3階建ての建物、コマンドリーで、修道院とホスピス(1階の部屋)で構成されています。聖地と病院(ospitaletto)のルートにある海上基地として2つの機能を果たしました。最初は巡礼者のために、後に市内の病人や貧困者のために。
修道院ながら、ホスピスと下の教会は、今日、サン・ジョヴァンニ・ディ・プレのコメンダ(Commenda di San Giovanni di Pré)の一部で、Mu.MAの博物館の付属に組み込まれ、展示会や展示会の会場となっています。伝道者聖ヨハネに捧げられた上の教会は、現在でも、ジェノヴァ大司教区の「西センター」の代名詞で呼ばれる、教区コミュニティが参加している礼拝所です
歴史
現在の複合施設は、1180年から、丘の後ろから流れ落ちる、現在は完全に覆われた短い小川であるS.Ugo川の河口に建設されました。最初に文書化された認証は1098年に遡りますが、いくつかの資料によると、もともと海を見下ろすこのエリアには、かつて、636年には聖墳墓に捧げられた教会があり、洗礼者ジョヴァンニと言われる遺灰が、サン・ロレンツォ大聖堂に移される前、最初の十字軍によって中東地域から運ばれそこに置かれたとされています。教会は聖墳墓教会の規範に属していました。 エルサレム王国の崩壊に伴い、教会は解散し、イタリアの財産はエルサレムの聖ヨハネ騎士団に引き継がれました。複合体の基礎は、グリエルモ・ディ・ヴォルタッジョ(Guglielmo di Voltaggio・マルタ主権軍団(Sovrano militare ordine di Malta)の司令官)によるものです。複合体は主に、十字軍の時代に聖地に行く巡礼者の避難所として使用されました(当時、第3回十字軍はジェノヴァから出航しました)。
「S. Giovanni de Capite Arene」と呼ばれたこの建物は、建築当時は都市の壁の外側にあり、まだ人口密度の低いエリアにあり、14世紀の拡張で壁内に組み込まれました。
中世を通じてのサン・ジョヴァンニ・ディ・プレのホスピスは、北イタリアから、より一般的にはすべての西ヨーロッパからの陸路と、ジェノヴァから地中海のすべての港に通じる路との間の重要な接点でした。何世紀にもわたって、騎士、兵士、商人、聖職者、巡礼者など、北アフリカ、小アジア、聖地の海岸に直接渡った人々にとって、それは重要な寄港地でした。
最も精巧な建築物は、コンメンダ広場にあります。修道院のロッジアと、一連のマリオン窓が開く教会の南側です。ファサードのない上の教会は、中世にはヒエソロリミタンの騎士(Cavalieri gerosolimitani)たちだけがロッジアの床から直接アクセスするために使用されて、下の教会は巡礼者と住民のためのものでしたが、その当時、周辺地域はまだあまり人が住んでいませんでした。 18世紀には、上の教会が礼拝の公共の場所になり、下の教会が騎士団の場所になりました。埋め立てが進んだ現在では海際から300メートル近く離れてしまっていますが、当時は1階の寮からのトンネルが港近くの踊り場に直接つながっていたため、騎士は建物を離れずに軍船に乗ることができました。
1367年5月13日から20日まで教皇ウルバヌス5世(在位:1362年 – 1370年)がアヴィニョンから帰国する際の滞在を記念する銘板。1385年から1386年の間、1年以上の間、教皇ウルバヌス6世(在位1378年 – 1389年)はそこに留まりました。ナポリ王カルロ3世(在位:1382年 – 1386年)の軍隊に包囲されたノチェラ城から逃げ出したこの教皇は、ジェノヴァに避難し、彼に対して陰謀を企てた枢機卿を捕虜として連れて来ました。 そして、彼らは1385年12月(または1386年1月)に処刑され、教会に近い場所に埋葬された。それらの遺跡は、1829年に複合施設に隣接する土地での作業中に発見されました。
もともと下の教会と病院によって形成された複合体は、おそらく病院の保護者である洗礼者聖ヨハネにちなんで名付けられ、17世紀の初めには福音伝道者聖ヨハネへの献身教会として知られ、上の教会は「聖マリア教会」と呼ばれていました。時間の経過とともに宗派には他のバリエーションがありました:1697年から伝道者の聖ヨハネの称号は上の教会に移り、下の教会は聖ウゴ・カネフリ(Ugo Canefri)に捧げられましたが、19世紀の前半には2つの称号が統一されました。
1798年にリーグレ共和国によって発行された宗教秩序の抑圧の法律により、この複合教会は政府によって没収され、さまざまな用途に使用されました。 1834年、下の教会の一部がフランツォンの福音主義者(operai evangelici franzoniani)の会衆に貸されました。教会は1873年6月8日にサルバトーレ・マグナスコ(Salvatore Magnasco)大司教によって奉献されました。
最近の修復後の複合体は、黒い石壁の重厚さ、レンガの暖かさ、優雅な大理石の柱と幾何学的な花のモチーフで描かれた木製の天井等、ロマネスク様式の外観がほとんど損なわれていません。
1508年、修道院の部分がブラスコ・サルバゴ(Brasco Salvago)の指導で最初の改修が行われ、第2回目の改修が1721年から1731年の間に、ジェロラモ・バサドンヌ(Gerolamo Basadonne)によって、教会自体の方向がひっくり返されたときの上の教会で行われました。もともとすべての古代のバシリカとして東に面していました。この反転は、外から上の教会への独立したアクセスを作成するために必要でした、それまでは騎士専用であり、したがって修道院内からのアクセスだけで済みました。
1870年から1936年の間に何度もさまざまな修復が行われましたが、60年代には建築と環境遺産の監督により、構造が元のロマネスク様式に修復されました。 修復のこの段階では、フレスコ画と木製の天井も明るくなりました。
1992年、アメリカ大陸の発見500周年を記念して、ホール全体を歴史的展示の会場として使用するため、全体的な修復が行われました。
2009年5月以来、オスピターレ・デッラ・コメンダ(Ospitale della Commenda)は修復を経て、「美術館」のサイトになりました。これは、ガラータ海の博物館とのコラボレーションによる展示で、マルチメディア形式で中世の歴史に関する文書が対話と物語になります。
複合施設の全体図・wikipedia-photo、複合施設の眺め・wikipedia-photo、後陣と鐘楼・wikipedia-photo、下の教会・wikipedia-photo、上の教会・wikipedia-photo、鐘楼・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、サンジョヴァンニディプレの表彰に関する画像やその他のファイルが含まれています。]

サン・ジョヴァンニ・ディ・プレの聖職禄 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がサン・ジョヴァンニ・ディ・プレのコマンドリーです。

カメラ西北西方向がサン・ジョヴァンニ・ディ・プレのコマンドリーです。

サン・ジョヴァンニ・ディ・プレのコマンドリーの上の教会内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*