サン・ロレンツォ大聖堂

マーカーはサン・ロレンツォ大聖堂です。

サン・ロレンツォ大聖堂(Cattedrale di San Lorenzo)
[サンロレンツォ大聖堂は、同じ名前の大司教区の大聖堂であるジェノヴァ市で最も重要なカトリックの礼拝所です。
1118年に聖人教皇ジェラシウス2世(在位:1118年1月24日 – 1119年1月29日)によってに奉献されましたが、まだ完成しておらず、ファサードが失われていました。
考古学的な調査結果によると、安定したキリスト教徒のコミュニティは確かに3世紀半ばにジェノバ市に存在し、実際にサンロレンツォ地域を埋葬地として使用しています。墓地は、発見された資料に基づいて、おそらくローマ時代にすでに使用されていました。
5〜6世紀頃に最初の大聖堂が建てられましたが、伝説では、スペインに向かう途中のサンロレンツォ教皇シスト2世(在位:257年8月31日 – 258年8月6日)が現在の大聖堂のある地域の家に立ち寄ったという、彼らが殺害された後、礼拝堂、そして聖人専用の教会が生まれたされます。
9世紀から、サンロレンツォは大聖堂としての機能で、6世紀からサンシーロに捧げられた12人の使徒の大聖堂に加わりました。
1007年に聖公会はサンロレンツォに移され、1098年から、十字軍、他の軍事企業、地方税からの資金でロマネスク様式で再建が始まりました。建設現場はマジストリ・アンテラミ(Magistri Antelami)に委ねられており、現在の教会の基盤(側面と側面の門)に残っています。建物の新しいランクは、1155年の壁の建設により、3つの古代都市核(カストラム、チビタス、ブルガス)の融合が都市の中心となったエリアの都市化を促進しました。建物は1118年にジェノヴァを通過する教皇ゲラシウス2世(在位:1118年1月24日 – 1119年1月29日)によって奉献され、1133年には教皇インノケンティウス2世(在位:1130年 – 1143年)によって大司教の階級に昇格しました。
1230年頃、ゴシック様式へ建物の大幅な再構築が決定されました。したがって、3つのゴシックポータルによって特徴付けられる下部のファサードが始まりました。1296年の火災により、建物は非常に損傷を受けて改造されました。1307年から1312年にかけて正面が完成し、右の鐘楼の建設が始まりました。元のプロジェクトでは、フランスのゴシック様式のように、ファサードの不可欠な部分である2つの鐘楼の嵩上げをしました。柱廊の内部には、柱頭とマトロニウム(Matroneum)が作られ、生き残ったロマネスク様式の部分が維持されました。 カウンターファサードはフレスコ画です。建築家の死により、鐘楼は未完成のままです。
14世紀から15世紀の間に、さまざまな祭壇と礼拝堂が建てられました。左通路にある洗礼者聖ヨハネ礼拝堂は、最初の十字軍の終わりにジェノヴァに到着した、街の守護聖人の遺灰を収容するために設計されました。1455年、ロッジアは左の塔に建てられました。 そして1522年にマニエリスムの手摺が右側に追加され、完成しました。
16世紀には、司教の宮殿の近くで粉塵集積所が爆発し、ドームの屋根がひどく損傷しました。1550年頃、市議会はペルージャの建築家ガレアッツォアレッシ(Galeazzo Alessi)に建物全体を改装するプロジェクトを依頼しました。しかし、作品は完成を見ませんでした。後陣部分が再構築され、ドームが十字架に建てられましたが、ピエディクロース(piedicroce)では、樽型の丸天井だけが実行され、木製のトラスと床が置き換えられました。この工事は、17世紀に終わりを迎えました。この後陣は、黄金の漆喰の炎に包まれた、ラザロ・タヴァローネ(Lazzaro Tavarone)のサンロレンツォの物語で飾られました。
1894年から1900年にかけて建物が修復され、彫刻家のカルロルバト(Carlo Rubatto)が2頭のライオンと共に外部アクセス階段を再設計しました。
正面ファザード・wikipedia-photo、サンロレンツォ通りの脇・wikipedia-photo、14世紀と16世紀の完成した部分の眺め・wikipedia-photo、ガレアッツォアレッシによって建てられた鐘楼とサンロレンツォのドーム・wikipedia-photo、ファサードのポータル・wikipedia-photo、サンロレンツォとキリストとの中央ポータルのルネット・wikipedia-photo、「彫刻家Rubattoによる、大聖堂の階段に隣接するライオンを描いた2つの19世紀の像の1つ。」・wikipedia-photo、早朝のインテリアの景色・wikipedia-photo、インテリアの眺め・wikipedia-photo、通路の構造・wikipedia-photo、14世紀のカウンターファサードのフレスコ画・wikipedia-photo、洗礼者聖ヨハネの礼拝堂・wikipedia-photo、バロックの内陣・wikipedia-photo、右の通路にあるラザロ・タヴァローネによる最後の晩餐のフレスコ画・wikipedia-photo、左後陣礼拝堂にあるカルロ・バラビーノの祭壇・wikipedia-photo、「後陣の左チャペル、ルカ・カンビアーソ(Luca_Cambiaso)『マリアの被昇天(L’Assunzione)』・wikipedia-photo、右寄りのチャペル・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、サンロレンツォ大聖堂の画像またはその他のファイルが含まれています。]

サン・ロレンツォ – Google Map 画像リンク」「Treasure Museum – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がサン・ロレンツォ大聖堂です。

サン・ロレンツォ大聖堂ポータル前のカメラです。

サン・ロレンツォ大聖堂中央身廊のカメラです。カメラ初期設定方向(このカメラでは北)が高祭壇で、カメラ東方向にラザロ・タヴァローネによる最後の晩餐のフレスコ画、カメラ南方向カウンターファサードに14世紀のフレスコ画があり、カメラ西北西方向に洗礼者聖ヨハネの礼拝堂があります。

サン・ロレンツォ大聖堂左身廊のカメラです。カメラ初期設定方向突当りが、左後陣礼拝堂にあるカルロ・バラビーノの祭壇です。

洗礼者聖ヨハネの礼拝堂前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*