ジェス教会

マーカーはジェス教会です。

ジェス教会
[ジェノヴァのジェス教会(より正確にはサンティ・アンブロジオ・エ・アンドレア(Santi Ambrogio e Andrea)教会)は、市内中心部のフェッラーリ広場に隣接するマッテオッティ広場にあります。 16世紀のイエズス会によって運営された非常に豊かなインテリアには、ルーベンスグイド・レーニ、ジェノババロック(Barocco genovese)の偉大な作家の作品が含まれています。
ドゥカーレ宮殿とジェノバの大司教座(サン・ロレンツォ大聖堂)の宮殿が見下ろす同じ広場です。
サンティ・アンブロジオの基本教会の核は、ランゴバルドの迫害により、ミラノの聖職者がジェノヴァに脱出してきたことに遡ります。
569年、オノラト・カスティリオーニ(Onorato Castiglioni)司教はジェノヴァに移り住み、サン・ロレンツォ大聖堂近くのポッライオーリ(pollaioli)地区に定住しました。
ジェノヴァへの逃避は、ジョバンニ・ボノ(Giovanni Bono)が司教座をミラノに戻した7世紀半ばまで続きました。ジェノヴァにミラノの人がいるためには、近所に教会を建て、聖アンブロジウスにちなんで名付けられた教会が必要でした。
その後、建物は1552年にジェノヴァに到着したイエズス会の手に渡り、現在の形に再構成されました。1589年には、ジュゼッペ・ヴァレリアーノ(Giuseppe Valeriano)によると思われるプロジェクトに基づいて、貴重な傑作絵画で豊かになりました。
正面玄関は、ドゥカーレ宮殿のカーテンが取り壊された後、19世紀後半に再建され、ピーテル・パウル・ルーベンスの1622発行『ジェノヴァの宮殿』をモデルにして1894年に完成し、その中に、ミケーレ・ラモニーノ(Michele Ramognino)作の聖アンブロジウスと聖アンドレア(Andrea)の二つの像が挿入されました。
イエスと聖人アンブロジオとアンドレアの教会ファサード・wikipedia-photo、ドームと鐘楼・wikipedia-photo、インテリア・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、イエスと聖人アンブロジオとアンドレアの教会に関する画像やその他のファイルが含まれています。]

ジェズ・エ・デイ・サンティ・アンブロージョ・エ・アンドレア教会 – Google Map 画像リンク

カメラ位置はマッテオッティ広場で、カメラ東方向がジェス教会です。

ジェス教会中央身廊のカメラです。

ジェス教会祭壇前のカメラです。

ジェス教会右身廊祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*