ドリア宮殿(元ジョ・バッティスタ・スピノーラ)

マーカーはドリア宮殿位置です。

[メリディアーナ広場フォンターネ・マローゼ広場間の通りは、ストラーダ・ヌオーヴァ(新街路)と呼ばれ,世界遺産に登録されています。  (「wikipedia・ジェノヴァのレ・ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ制度より)]

ドリア宮殿(Palazzo Doria・元ジョ・バッティスタ・スピノーラ)
[建物のある土地は、コンスタンチノ・ジェンタイル(Constantino Gentile)によって1551年にオークションで購入し、ジャンバッティスタ(Giambattista)とアンドレア・スピノラ(Andrea Spinola)兄弟に倍増した価格で再販しました。アンドレアは1563年に宮殿の建設を依頼しました。1566年、アンドレアは専用部分をジャンバッティスタ(Giambattista)に割譲し、建設は迅速に継続されたため、1567年に宮殿はほぼ完成しました。1723年、宮殿はドリア家に買収されました。
1968年まで、ジョヴァン・バティスタ・カステッロ(Giovan Battista Castello)がその主要な建築家であると信じられていました。しかし、1968年には、ベルナルディーノ・カントン(Bernardino Cantone)が建築家兼建設マネージャーであったことが記録され、メインフロアの暖炉と中庭がカステッロによって設計されたとされました。
1684年にフランス艦隊からの砲撃で被害を受けたため、宮殿は17世紀から18世紀にかけてファサードが改造されました。その際、ファサードには現在のスタッコ装飾が施されており、ピラスター(付柱)が点在し板窓のペアがあります。アトリウムには、ドリア家の紋章である紋章ワシを冠した大きな吊るされたランタンがあります。 ここから、列柱のある中庭に行き、そして小さいながらも素敵な空中庭園に入ります。
ドリア宮殿、元ジョ・バッティスタ・スピノーラ・wikipedia-photowikipedia-photo、建物の正面・wikipedia-photo、ポータルの詳細・wikipedia-photo、建物の中庭・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、ドリア宮殿の画像またはその他のファイルが含まれています。]

ドリア宮殿平面図

南南西方向がドリア宮です。

ドリア宮殿建物中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*