ソプラーノ門

マーカーはソプラーノ門です。

ソプラーノ門(Porta Soprana)
[ソプラーノ門またはサンタンドレア(Sant’Andrea)門は、ジェノヴァの街への入り口の1つでした。リグーリア州の首都の主要な中世の石造りの建物の中で、ピアノ・ディ・サンタンドレア(Piano di Sant’Andrea)の頂上(20世紀初頭に平らになった同名の丘からそれほど遠くない場所)にあり、その名前が付けられています。(名前ソプラナは、Superanaの破損という意味のあだ名:門は街の基盤の上に上げられたため、そのように呼ばれていました。)
ジェノヴァの2番目の城壁(9世紀または10世紀)の時点で、すでに市内へのアクセスゲートの1つでした。 しかし、現在の門は、アルフレード・ダンドラーデ(Alfredo D’Andrade)の指揮の下で行われた巨大な修復に続いて、第3の城壁の建設中の再建時に門が持っていたはずの外観を再現しています(バルバロッサの壁(Mura del Barbarossa)、1155-1159)。
ソプラーノ門からそう遠くないところに、クリストファー・コロンブスの家博物館があり、ソプラーノ門のミュージアムポールとコロンバスハウスの両方が一般公開されています。
城壁外から見るソプラーノ門・wikipedia-photo、門外側の右側にある碑文・wikipedia-photo、「19世紀半ばにドメニコ・カンビアソ(Domenico Cambiaso)による水彩画で登場したソプラナ門。左側には、サンタンドレア修道院(現在は姿を消した)への入り口があり、ドアのアーチからは、ポルト・ピサーノ・チェーン(Catene di Porto Pisano)のリングの一部が掛けられています。」・wikipedia-photo、ソプラーノ門(外から)・wikipedia-photo、ソプラーノ門(内から)・wikipedia-photo、門の内部・wikipedia-photo、胸壁上のカメラ・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、ソプラーノ門の画像またはその他のファイルが含まれています。]

ソプラーナ門 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がソプラーノ門です。

カメラ東南東方向がソプラーノ門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*