ディ・ネグロ邸(キオッソーネ東洋美術館)

マーカーはディ・ネグロ邸(キオッソーネ東洋美術館)です。

ディ・ネグロ邸(キオッソーネ東洋美術館)
[キヨッソーネ東洋美術館(Museo d’Arte Orientale Edoardo Chiossone)は、イタリアジェノヴァ市にある東洋美術を主とする美術館である。ジェノヴァ東洋美術館とも表記される。
日本の招きによりお雇い外国人の一人として、明治8年(1875年)1月12日に来日したエドアルド・キヨッソーネ大蔵省印刷局に着任、主に偽造防止の紙幣制作の指導などにあたる傍ら、多くの日本美術品を収集した。それらの展示のために設立されたのが、キヨッソーネ東洋美術館であった。当初、アルフレード・ルグソーロにより、1905年にリグーリア美術学校の三階の美術館に設置され、1940年までこの建物において開館していたが、1940年の第二次世界大戦布告の直後、キヨッソーネ東洋美術館はジェノヴァ市の責任、負担のもとに疎開、大戦後にはキヨッソーネの遺言通り、市の所有となっている。その後、ジェノヴァ市はキヨッソーネの遺言に従って、コレクションを恒久的に保存するのにふさわしい建物の設計・建設を審議した。その結果、建設予定地はヴィレッタ・デイ・ネグロ公園内に決定、1953年に建設に着工をし、1970年に完成している。そして、翌1971年5月7日に開館、以来、広く一般に公開されている。
自らが銅版画家であった彼の日本美術品コレクションは約15000点以上にのぼり、浮世絵版画3269点、肉筆浮世絵286点余りのほか、大仏像、甲冑、絵画、陶器など多岐にわたっている。
キヨッソーネ東洋美術館正面・wikipedia-photo  (wikipedia・キヨッソーネ東洋美術館より)]

キヨッソーネ東洋美術館 – Google Map 画像リンク」、「Villetta Di Negro – Google Map 画像リンク」

カメラ北西方向が、ディ・ネグロ邸(キオッソーネ東洋美術館)入口です。

ディ・ネグロ邸(キオッソーネ東洋美術館)庭園内の滝前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*