ビアンコ宮殿

マーカーはビアンコ宮です。

[メリディアーナ広場フォンターネ・マローゼ広場間の通りは、ストラーダ・ヌオーヴァ(新街路)と呼ばれ,世界遺産に登録されています。(wikipedia・ジェノヴァのレ・ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ制度より)]

[Google アートプロジェクト] – 「ビアンコ宮

ビアンコ宮殿(Palazzo Bianco)
[ビアンコ宮殿(英語:White Palace)は、イタリアジェノヴァの中心部の主要な建物の1つです。 ガリバルディ通り(via Garibaldi)・11に位置します(ガリバルディ通りはかつてはストラーダ・ヌオーヴァ(Strada Nuova・新街路)と呼ばれていました。)。
偉大な都市のアートギャラリーの1つであるホワイトパレスのギャラリーがあり、近隣のロッソ宮殿ドリアトゥルシー宮殿のギャラリーとともに、通りの端にある博物館群の一部を形成しています。
1530年から1540年にかけて、最も重要なジェノバ人一族の1人であるルカ・グリマルディ(Luca Grimaldi)によって建設されました。1658年に宮殿はデ・フランキ・トソ一(De Franchi Toso)家の所有となりました。そして1711年に、その継承者フェデリコ・デ・フランキ・トソー(Federico de Franchi Toso)によって、彼の主な債権者であるマリア・デュラッツォ・ブリニョール・セール(Maria Durazzo Brignole-Sale)に与えられました。
1714年から1716年の間に新しい所有者が建物の決定的な修復を行い、時代の好みに合わせて建物を改修しました。その後、外装装飾の透明な色からホワイトの名前を獲得しました。1899年、ガッリエーラ公爵夫人で家族の最後のメンバーであるマリアブリニョーレセール(Maria Brignole Sale)が宮殿を売却し、市の財産になり、それによって公立ギャラリーになりました。
ギャラリー
「公共ギャラリーの形成のために」と言う、1884年の彼女の遺言で、公爵夫人はコレクションをさらに増やしてもらうつもりで、宮殿のギャラリーを公共スペースとして提供しました。 これは、市民博物館の最初の核を構成しました。
1887年以降、ギャラリーは多数のプライベートコレクションを購入することで充実しました。それ以来、オーランド・グロッソ(Orlando Grosso)のキュレーション(情報を選んで集めて整理すること。 あるいは収集した情報を特定のテーマに沿って編集し、そこに新たな意味や価値を付与する作業を意味します。)によるコレクションの購入と美術史家で博物館学者のカテリーナ・マルセナロ(Caterina Marcenaro)と建築家フランコ・アルビーニ(Franco Albini)による戦後の宮殿の再建による変革の恩恵を受け、そして、他の美術館やギャラリーからの彫刻やフレスコ画の内部移転により充実してきました。
ギャラリーには、12世紀から17世紀までのヨーロッパ絵画のパノラマがあり、ジェノヴァ、フランドルフランススペインの大勢の画家の作品があります。13世紀および16世紀の作品は、バルナバ・ダ・モデナ(Barnaba da Modena)、ルドヴィコ・ブレア(Ludovico Brea)、ルカカンビアソ(Luca Cambiaso)などの作家によって展示されています。17世紀の有名なスペインの芸術家には、フランシスコ・デ・スルバランバルトロメ・エステバン・ムリーリョホセ・デ・リベーラが含まれます。
17世紀と18世紀のジェノバの画家の活動は、ジョヴァンニ・ベネデット・カスティリオーネ(Giovanni Benedetto Castiglione)、ジョヴァンニ・アンドレア・アンサルド(Giovanni Andrea Ansaldo)、ベルナルド・ストロッツィ、ヴァレリオ・カステッロ(Valerio Castello)、ドメニコ・ピオラ(Domenico Piola)、パオロ・ジロラモ・ピオラ(Paolo Girolamo Piola)、グレゴリオ・デ・フェラーリ(Gregorio De Ferrari)、アレッサンドロ・マニャスコの作品が含まれます。
パラッツォビアンコと隣接するパラッツォドリアトゥルシの庭園・wikipedia-photo]

Wikimedia Commons – Category:Palazzo Bianco (Genoa)

白の宮殿Musei di Strada Nuova – Palazzo Bianco – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がビアンコ宮です。

ビアンコ宮エントランスホールのカメラです。

庭園のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*