モロ門(シベリア門)

マーカーはモロ門です。

モロ門(https://it.wikipedia.org/wiki/Porta_Siberia)
[モロ門(通称、誤ってシベリア門(Porta_Siberia)として知られています)は、16世紀の城壁の一部であるジェノヴァ市への入り口の1つでした。 ガレアッツォ・アレッシ(Galeazzo Alessi)によって設計され、アントニオ・ロデリオ・ダ・カロナ(Antonio Roderio da Carona)によって1551〜1553年に建設されました。
歴史的に文書化された名前はモロ門ですが、一般的に使用されているシベリア門の名前は、20世紀に複合体全体にその名前を付けた最近の時代に建てられた隣接する門から借用されています。
レンツォ・ピアノ(Renzo Piano)による旧港の再編のための作品群では、門が修復され、2001年からエマヌエーレ・ルッツァーティ(Emanuele Luzzati)博物館が収容されています。
海側から見たモロ門・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、モロ門(シベリア門)の画像またはその他のファイルが含まれています。]

Porta Siberia – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がモロ門(シベリア門)です。