王宮

マーカーは王宮です。

王宮(Palazzo Reale)
[王宮(王宮)またはステファノバルビ宮殿は、ジェノヴァの主要な宮殿です。
現在の構造の建設は、1618年にバルビ(Balbi)家のために始まりました。1643年から1655年にかけて、建築家ピア・フランチェスコ・カントーネ(Francesco Cantone)とミケーレ・モンチーノ(Michele Moncino)の指揮の下、宮殿は更新されました。1677年、宮殿はデュラッツォ家に売却されました。デュラッツォ家は、カルロフォンタナ(Carlo Fontana)の設計で宮殿を拡大しました。
1823年、宮殿はサヴォイア王家に売却されました。 1919年から、宮殿は州に属していました。
装飾
宮殿にはオリジナルの家具や装飾がたくさんあります。 内部のフレスコ画には、ヴァレリオ・カステッロ(Valerio Castello)とアンドレア・シッツィ(Andrea Sghizzi)による『バルビ家の栄光』、アンジェロ・ミケーレ・コロンナ(Angelo Michele Colonna)とアゴスティーノ・ミテリ(Agostino Mitelli)による『春から冬へのゆっくりとした変化』が含まれています。そしてジョヴァンニ・バッティスタ・カルローネ(Giovanni Battista Carlone)による『地球上の正義を確立』があります。また、ベルナルド・ストロッツィ(Bernardo Strozzi)、グレチェット(Grechetto・Giovanni Benedetto Castiglione)、ジョヴァンニ・バッティスタ・ガウリ(Giovanni Battista Gaulli)、ドメニコ・フィアッセラ(Domenico Fiasella)、バッサノ(Bassano)、ティントレット(Tintoretto)、ルカ・ジョルダーノ(Luca Giordano)、アンソニー・ヴァン・ダイク(Anthony van Dyck)、フェルディナンド・ヴォエ(Ferdinand Voet)、ゲルチーノ(Guercino)の絵画、フィリッポ・パロディ(Filippo Parodi)による彫像が含まれています。
宮殿の眺め・wikipedia-photo、王宮・wikipedia-photo、鏡のギャラリー・wikipedia-photo、庭の泉水・wikipedia-photo、玉座の間・wikipedia-photo、王宮の庭園・wikipedia-photo]

王宮 – Google Map 画像リンク」「Soprintendenza Archeologica Della Liguria – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向が王宮です。

王宮入り口にある馬車の展示

王宮中庭テラスのカメラです。

王宮の屋上テラスです。

玉座の間

謁見の間

鏡のギャラリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*