カフェ・アル・ビチェリン

マーカーはカフェ・アル・ビチェリンです。

アル・ビチェリン
[トリノには古い老舗カフェがたくさんある。かつて王侯貴族や、知識階級たちの集う場所であったトリノのカフェは、昔のままの重厚かつエレガントな室内装飾もそのままに、トリネーゼの憩いの場となっている。「カフェ・フィオーリオ」(1780年創業)や「カフェ・プラッティ」(1870年創業)、「バラッティ・エ・ミラノ」(1875年創業)などの古参から、創業100年ちょいで、通に言わせれば”新参者”の「カフェ・トリノ」や「カフェ・ムラッサーノ」等々…。
そんな中でも最古参が、1763年創業の「カフェ・アル・ビチェリン」。イタリア初代首相カヴールが常連だった、トリノの名物飲み物である「ビチェリン」発祥の店であるなど逸話には事欠かないし、磨き込まれたマホガニーの壁や大理石のテーブルが並ぶ雰囲気が素敵で、今や観光名所となりつつある。  (「私の住む町Travel案内 イタリア旅行情報サイト(JITRA)トリノ」より)]

Café Al Bicerin – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が1763年に設立したカフェ・アル・ビチェリンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*