カリニャーノ宮殿

マーカーはカリニャーノ宮殿です。

カリニャーノ宮殿(Palazzo_Carignano)
[1679年から建設の始められたこの建物は、サヴォイア家宮殿の中で最も荘厳で建築的に価値の高いものの一つです。外観はレンガの楕円形建物で、中庭を囲む両脇につながっています。カリナーニョ宮殿で、カルロ・アルベルト・ディ・サヴォイアとそしてイタリア初代国王となるヴィットーリオ・エマヌエーレ2世が誕生し、ここで1848年5月6日にピエモンテ議会の下院議会がはじめて開催されたのです。1864年から1872年にかけて、宮殿は近代イタリア統一後の最初の国会を開くため、倍に拡充されました。今日、この建物は、イタリア統一国立博物館Museo Nazionale del Risorgimento italianoが置かれています。27ある展示室には、18世紀末から第一次世界大戦にいたるイタリアの歴史を物語る、資料、遺品、武器、制服、軍旗や芸術作品などが展示されています。カリニャーノ宮殿は、ユネスコ世界遺産のサヴォイア王家の王宮群の一つとして登録されています。  (「ピエモンテ州 政府公式ページ-トリノの中心」より)]

カリニャーノ宮 – Google Map 画像リンク」「Cortile di Palazzo Carignano – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がカリニャーノ宮殿で、カメラ東南東方向がトリノ国立大学図書館になります。

カリニャーノ宮殿中庭のカメラです。

カメラ東南東方向がカリニャーノ宮殿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*