カルリーナ広場(カルロ・エマヌエレ2世広場)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    カルリーナ広場(カルロ・エマヌエレ2世広場)
    [トリノの人たちが、カルリーナ広場(Piazza Carlina)と呼ぶカルロ・エマヌエーレ2世世広場(Piazza Carlo Emanuele II)。広場の南側、カヴール像の後ろに写っている(画像リンク)のは、1718年に、ヴィットーリオ・アメデーオ2世・ディ・サヴォイア王の命により、建築家フィリッポ・ユヴァッラが手掛けたサンタ・クローチェ教会。今はルーマニア正教会。フィリッポ・ユヴァッラは1714年に、ヴィットーリオ・アメデーオ2世・ディ・サヴォイア王にトリノに招かれ、トリノを代表するバロック後期建築を多く手掛けた。スペルガ聖堂マダマ宮殿ファサード、ヴェナリア王宮内にある礼拝堂などバロックの街として有名なトリノは、建築家フィリッポ・ユヴァッラなくして語れない。なぜ地元の人はこの広場を、カルロ・エマヌエレ2世広場と呼ばずに、カルリーナ広場とちょっと女の人っぽい愛称で呼ぶのか・・・? それは想像にお任せすることにして、もうひとつ、この広場には忘れてはいけない過去の歴史がある。それはこの広場を囲む住居にゲットーがあったということ。正方形の広場の一辺が120メートルの比較的小さめの広場ではあるけれど、いろんな時代の歴史が詰まっている場所。  (「カルリーナ広場 – HoDoイタリアfromトリノ 」より)]

    Piazza Carlo Emanuele II – Google Map 画像リンク」「Monumento a Camillo Benso, conte di Cavour – Google Map 画像リンク」「Chiesa di Santa Croce – Google Map 画像リンク

    カメラ北北東方向がカミッロ・カヴール記念碑で、カメラ南方向にサンタ・クローチェ教会(1718年建築)があります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *