サバウダ美術館

マーカーはサバウダ美術館です。

サバウダ美術館
[サバウダ美術館は、サヴォイア家の私的収集品をベースとした美術館であり、トリノピエモンテの大画家の作品だけでなく、トスカーナヴェネツィアフランドルフランス、その他様々な学派の巨匠等の傑作を誇る大変印象的な美術館です。12世紀から18世紀にいたるイタリア絵画の最大級の収蔵館の一つであり、7部門にわかれ、計700点の絵画があります。特に重要なのはアンソニー・ヴァン・ダイクフラ・アンジェリコなど巨匠の作品とともに、ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(16世紀)の「レダと白鳥」があげられます。サバウダ美術館と古代エジプト博物館は同じ建物です。  (「ピエモンテ州 政府公式ページ-トリノの中心」より)]

カメラ西南西方向がサバウダ美術館、カメラ北北東方向がカリニャーノ広場で、カメラ西北西方向にサヴォイア家御用達であったというジェラテリア「ペピーノPepino」があります。また、カメラ東方向は、カリニャーノ宮殿になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*