モーレ・アントネリアーナ

マーカーはモーレ・アントネリアーナです。

モーレ・アントネリアーナ
[モーレ・アントネッリアーナと国立映画博物館 La Mole Antonelliana e il Museo del Cinema
元々、この建物は、カルロ・アルベルトが認可したユダヤ人の自由獲得を記念してユダヤ教寺院とする目的で建設され、設計はアルベルティーナ・アカデミー建築学部長のアレッサンドロ・アントネッリAlessandro Antonelli (建築家1798-1888) に委嘱され1863年着工されました。ところがこの当初計画は内容が拡大しコストがかかりすぎることになり、結局、トリノ市に委譲されトリノ市のもとで1889年に完成されました。設計者の没後1年後のことでした。その後、この建築物の持つ特徴的なスタイルがトリノのシンボルとなりました。高さ167.5メートルの大タワーであり展望台のある大きなクーポラを持ち、その上には細い尖塔があります。建築当時はヨーロッパの壁作り建築物として最長を誇っていました。その後、現在の石張り金属構造で再建されました。現在、国立映画博物館Museo Nazionale del Cinemaが置かれており、世界唯一の垂直型構造ミュージアムとなっています。1900年代初頭にイタリア映画発祥地となったトリノはこの種のミュージアムを置く最適の場所といえましょう。同博物館は、高速展望エレベーターで頂上の「テンピエット」と呼ばれる展望台にビジターを運びます。エレベーター到着点の頂上からは、トリノとそのまわりを囲む丘や山のパノラマを360度楽しむことができます。この博物館は非常にユニークな展示方式を持ち、イタリアの博物館の中でも最も魅力的なものの一つとされています。様々な映画の世界を散策するというコンセプトでつくられており双方向方式の仕組みを持つため、映画愛好家はもちろん、家族連れ、子供にも適しています。総展示面積は3200平米で、全5階で構成されています。「映画考古学」「映画機械」「ポスター・コレクション」「ビデオ・インストレーション」そして「大ホール」があります。さらに、地上階、エントランス、ブックショップなどがあります。特に「大ホール」はスペクタクルで広大なホールです。映画の大傑作に捧げられた13の「チャペル」が周りを囲み、ゆったりとしたラウンジ・チェアーに座って、クーポラ内部に映写される映画を鑑賞できます。さらに、らせん型通路を進むこともできます。  (「 ピエモンテ州 政府公式ページ-トリノの見所」より)]

[「モーレ・アントネリアーナ」・wikipedia-photo、ロイヤルガーデンからの眺め・wikipedia-photo、「モーレ・アントネリアーナの先端部」・wikipedia-photo、1822-1881のユダヤ教寺院・wikipedia-photo]

モーレ・アントネリアーナ – Google Map 画像リンク」「国立映画博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がモーレ・アントネリーナです。

モーレ・アントネリーナ展示ホールのカメラです。

モーレ・アントネリーナ展望回廊からのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*