リンゴット

マーカーはリンゴットです。

リンゴット
[リンゴットは、フィアットと当時の工業世界における最大規模工場の一つであり、フィアットに近代的な大工場を創りたいという初代ジョヴァンニ・アネッリの願望により1923年にオープンしました。この時代、フィアットには4万人もの労働者が流れ作業に従事していました。とはいえ、生産システムの大幅な変化のためにリンゴット工場は時代遅れのものとなり、80年代に建築家レンツォ・ピアーノにより、多目的施設と変換し国際会議をはじめ、書籍見本市や、国際食品見本市『サローネ・デル・グスト(il Salone del gusto)』 などの国際見本市を開催することができる場所になりました。現リンゴット施設内には、オーディトリウム(コンサートホール)、国際会議場、見本市会場などがあります。リンゴット頂上には円形ガラス張り「ボッラ(Bolla)」 と「飛ぶ絨毯の宝箱(Scrigno con tappeto volante)」があります。前者はVIP用の特別会議室で、後者は「ジョヴァンニとマレッラ・アネッリ絵画館(Pinacoteca “Giovanni e Marella Agnelli”)」であり、アネッリ家のコレクションを市民に公開したものです。   (「ピエモンテ州 政府公式ページ-トリノの見所」より)]

8 Gallery Lingotto – Google Map 画像リンク」「Centro Congressi Lingotto – Google Map 画像リンク

リンゴット北口のカメラです。

リンゴット東門前のストリートビューです。

リンゴット内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*