古代エジプト博物館

マーカーは古代エジプト博物館です。

古代エジプト博物館(Museo_Egizio)
[1824年、エジプトのフランス領事のコレクションを購入したサヴォイア家カルロ・フェリーチェ王(1765-1831)により創立された博物館です。その後、エルネスト・スキアパレッリの発掘による出土品によって内容が拡充されました。古代エジプト収集品ではカイロの博物館に次ぎ、世界第二位の規模を誇っています。約5000年におよぶ期間をカバーしています:歴史、宗教、芸術そしてファラオの時代の日常生活。ラムセス2世の黒花崗岩の彫像、建築家カアの墓、エル・レシヤの小寺院などは当博物館所蔵の3万点の出土品のごく一部です。2006年2月のトリノオリンピックを機に、「彫像の間Statuario」というスペースが新設されました。これはマーティン・スコセッシの映画「アビエイター」で2005年アカデミ-賞舞台構成部門を受賞した高名な舞台美術館ダンテ・フェッレッテの設計によるものです。この新しい展示室は「石の反映」と名づけられています。スフィンクス、石棺、石碑そしてファラオや神々の記念碑的彫像など非常に見事彫像が多数展示されています。(「ピエモンテ州 政府公式ページ-トリノの中心」より)]

エジプト博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が古代エジプト博物館入口です。

カメラ位置は古代エジプト博物館ホールです。

古代エジプト博物館中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*