サヴォイア家の王宮(王立図書館)

マーカーはサヴォイア家の王宮(王立図書館)です。

サヴォイア家の王宮(サヴォイア王家の王宮群)(英語:Royal Palace of Turin、イタリア語:Palazzo Reale (Torino))
[サヴォイア家の王宮は1865年までサヴォイア王朝の公式な宮殿であり、イタリア最初の王であるヴィットーリオ・エマヌエーレ2世((1820-1878)をはじめサヴォイア家歴代メンバーが居住していました。もとは司教館のあった場所で1646年に建立がはじまり14年後に完成した建物であり、建設にあたってはヨーロッパの他の王宮に負けない巨大宮殿をつくるために、当時選りすぐりの建築家や芸術家館が招かれました。特に素晴らしいのは豪奢な迎賓の間と20本に及ぶ白大理石で支えられた舞踊の間です。玄関広間と上階を結ぶ「はさみの階段」は、フィリッポ・ユヴァッラFilippo Juvarra (建築家1678-1736)の傑作であり、制限された空間で発揮された建築技術の極みです。王宮の建築様式は一つの様式に構成されているのではなく、ネオクラシック様式からバロック、さらにロココまで様々な建築様式がみられます。王宮のポルティコ(アーケード)の終わり、王宮小広場東側の建物の中に立武器庫Armeria Realeがあります。これは1837年に開設されたもので、サヴォイア王家ゆかりの武器・武具類コレクションが展示されています。 また1832年にカルロ・アルベルト王が創立した王立付属図書館la Biblioteca Realeがあり、ここには全185,000冊、書籍、手稿、羊皮紙写本、初期刊行本など4300冊、そしてレオナルド・ダ・ヴィンチの「自画像」(1516)や「鳥の飛翔に関する手稿」(1505)等を含む2000に及ぶデッサン類が収蔵されています。イタリア統一150周年を記念して「迎賓の間」「王位の間」、そしてカルロ・アルベルトがアルベルト憲法に署名した「会議の間」さらにヴィットリオ・エマヌエル王とマリア・アデライデ女王の滞在した「ピエモンテ王子の間」が修復を終えて、一般公開されます。 (「ピエモンテ州 政府公式ページ-トリノの中心」より)]

Atlante di Torino: Cultor」-「Atlante di Torino
サヴォイア家の王宮平面図

トリノ王宮 – Google Map 画像リンク」「Musei Reali di Torino – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がサヴォイア家の王宮(王立図書館)です。

カメラ北北東方向がサヴォイア家の王宮(王立図書館)前のカメラです。

サヴォイア家の王宮(王立図書館)中庭のカメラです。

サヴォイア家の王宮名誉の階段(Scalone)のカメラです。

スイス衛兵のサロン(1 Salone della Guardia Svizzera)

玉座の間(5 Sala del Trono del Re)

ランチルーム(22 Sala da Prazo)

ロイヤルチャペル(35 Cappella Regia)

シュラウドのギャラリー(27 Galleria della Sindone)

サヴォイア家の王宮レアーレ庭園のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*