聖骸布(シンドーネ)博物館

マーカーはカメラ位置です。

聖骸布(シンドーネ)博物館
[シンドーネと呼ばれるのは長さ4.37m、幅1.11mの麻の敷布です。十字架に掛けられた死者の体の跡のある布であり、キリスト教の言い伝えでは、キリストが十字架に掛けられた際に包まれていた聖骸布だといわれています。聖骸布(シンドーネ)博物館は、聖骸布国際センターにより設立され、1998年から、サンティッシモ・スダリオ教会のクリプトに設置されています。ここでは聖骸布とその科学的研究と信仰の歴史を辿ることができます。 博物館は毎日9時から12時と15時から19時まで開館しています。  (「トリノのシンボル|トリノの散策」より)]

Museo della Sindone – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が聖骸布(シンドーネ)博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*