アエミリウス橋跡

マーカーはアエミリウス橋跡です。

アエミリウス橋跡
[アエミリウス橋(ラテン語: Pons Aemilius)は古代ローマ時代にテヴェレ川に架けられた橋。古代ローマで架けられた石橋の中で最も古いもので、紀元前2世紀に木造の橋を撤去して架橋された。商業の中心であったフォルム・ボアリウムと、テヴェレ側対岸のトランス・テヴェレム(トラステヴェレ)を結んでいた。現在、川の中ほどのアーチ橋の1径間が残存するのみで、“壊れた橋”を意味するポンテ・ロットと呼ばれている。
帝政ローマ初期の歴史化ティトゥス・リウィウスは、紀元前192年には、この場所にアウレリア街道が通る橋(木造橋)が架かっていたと記している。最初の石橋を架ける工事は、紀元前179年に監察官マルクス・フルヴィウス・ノヴィリオル(Marcus Fulvius Nobilior )により始められたが、紀元前151年に未完のまま終わった。その後、この建設途中の構造物を利用する形で紀元前142年に橋を完成させた。その後、数百年に渡り橋は使われ続けた。紀元前後にはアウグストゥス帝(在位:紀元前27年 – 紀元14年)が、また紀元280年にはプロブス帝(在位:276年 – 282年)が補修を行ったことがわかっている。
アエミリウス橋・wikipedia-photo  (wikipedia・アエミリウス橋より)]

Ponte Emilio – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向がアエミリウス橋跡です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*