エスクイリーナ門

マーカーはエスクイリーナ門です。

エスクイリーナ門
[エスクイリーナ門(Porta Esquilina)はセルウィウス城壁にあった城門で、ローマ王セルウィウス・トゥッリウス(在位:紀元前578年 – 紀元前535年)が建設したといわれていることから、紀元前6世紀に遡る。
エスクイリーナ門はローマ市内とその東側にあるエスクイリーノの丘の間の通過点である。エスクイリーノの丘は共和政ローマ時代にはローマ人の墓地として使われ、その後マエケナス庭園など歴代の皇帝が美しい庭園を造営した。エスクイリーナ門から北側のセルウィウス城壁は特に分厚い防塁になっていた。エスクイリーナ門の南西にはネロのドムス・アウレアティトゥス浴場トラヤヌス浴場といった有名な建築物があった。エスクイリーナ門はラビカナ街道プラエネスティーナ街道という2つの主要なローマ街道の起点となっているが、これらの街道は外側のアウレリアヌス城壁を出るまでは一本の道である。
ガッリエヌスの門は、古代のエスクイリーナ門である。」・wikipedia-photo  (wikipedia・エスクイリーナ門より)]

[Porta Esquilina(エスクイリーナ門) – エスクイリーノに現存するのはガッリエヌス帝(共同皇帝としての在位:253年 – 260年、単独では260年 – 268年)が後に改修させたアーチ形の門である。ラビカナ街道、プラエネスティーナ街道、ティブルティーナ街道の起点。  (wikipedia・セルウィウス城壁より)]

ガリエヌスのアーチ – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がエスクイリーナ門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*