カルロ・ビロッティ美術館

マーカーはカルロ・ビロッティ美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「カルロ・ビロッティ美術館

カルロ・ビロッティ美術館(Museo Carlo Bilotti)
[ヴィッラ・ボルゲーゼ(ボルゲーゼ公園)内にある「アランチェーラ(オレンジ栽培温室)」は、大掛かりな修復工事の後、美術館に生まれ変わり、国際的に有名な美術コレクター、イタリア系アメリカ人のカルロ・ビロッティCarlo Bilotthiの寄贈による永久コレクションを収蔵しています。絵画、彫刻、素描からなる同コレクションは、特に、デ・キリコの多彩な作品を核としており、その他、アンディ・ウォーホルジャコモ・マンズーラリ・リヴースなどの作品も収められています。  (「ヴィッラ・ボルゲーゼでリラックス」より)]

[ボルゲーゼ公園にあった古い建物を改装して2006年に開館した美術館。常設作品は収集家カルロ・ビロッティ(香水メーカーJaqueline Cochranの社長)がローマ市に寄付したもので、彼が芸術家たちとの長年の交流の間で集めた現代アートを鑑賞することができる。常設展はデ・キリコの作品が最も多く、18作展示されていた。  (「カルロ・ビロッティ美術館 : my lady blue」より)]

カルロ・ビロッティ博物館ホームページ」 – 「館内図

カルロ・ビロッティ博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がカルロ・ビロッティ美術館(Museo Carlo Bilotti)です。カメラ北方向建物前にジョルジョ・デ・キリコ作『ヘクターとアンドロマケ』(2006年、1966年のオリジナルから2つのコピーを実行)、カメラ北東方向にジャコモ・マンズー作『カルディナーレ』(1965年のオリジナルキャストからの2004年8部のエディション)があります。

カルロ・ビロッティ美術館エントランスホールのストリートビューです。

ルーム1 – アンディ・ウォーホル作『母と娘:ティナとリサビロッティ』(制作1981年)

ルーム2 – ジョルジョ・デ・キリコ作『海岸の馬』(制作1927/1928年)

ルーム2 – ジョルジョ・デ・キリコ作右から、『通りの神秘と憂愁』(制作1914年)、『ビスケットと形而上学的なインテリア』(制作1960年)、『孤独なオルフェウス』(制作1973年)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*