カンポ・ディ・フィオーレ広場

マーカーはカンポ・ディ・フィオーレ広場です。

カンポ・ディ・フィオーレ広場
[《Piazza Campo de’ Fiori》イタリアの首都ローマにある広場。イタリア語で「花の野」を意味し、生花、野菜、果物の市が開かれる。反宗教改革の時代は処刑場として使われ、広場中央には地動説を唱えて火刑に処された哲学者ジョルダーノ=ブルーノの彫像がある。カンポ‐ディ‐フィオーリ広場。  (「カンポデフィオーリ広場とは – コトバンク」より)]

[文字通りイタリア語から翻訳されたカンポデイフィオーリは、”花のフィールド”を意味します。中世の頃この広場は草原であったのでこの名前がつけられた。1456年カリストゥス3世_(ローマ教皇)の下で、ルドヴィコ枢機卿が舗装した。
「カンポ・ディ・フィオーレ広場」・File:Campo_de%27_Fiori_at_sunset.jpg、「広場の中央にある哲学者ジョルダーノ・ブルーノの記念碑」・File:Brunostatue.jpg、「ジョルダーノ・ブルーノ像のクローズアップ」・File:GiordanoBrunoStatueCampoDeFiori.jpg、「ジュゼッペ・VASIによる、1740年代のカンポ・ディ・フィオーレ広場のエッチング」・File:Campo_dei_Fiori_by_Giovanni_Vasi.jpg]

カンポ・デ・フィオーリ(Campo de’fiori)
[新鮮な野菜や果物、魚、花などを売るたくさんの屋台があります。この広場にはデリカテッセン、ワインバー、バールなども数多くあり、広場に出されたテーブルで本でも読みながら午前のひとときを過ごすのも素敵でしょう。
場所:カンポ・デ・フィオーリ広場Piazza Campo de’ Fiori  (ナボーナ広場近く)
日時:月曜から土曜 午前7時から13時半まで  (「メルカートに行こう」より)]

Market at Piazza Campo de’Fiori – Google Map 画像リンク」「カンポ・デイ・フィオーリ広場 – Google Map 画像リンク

カンポ・ディ・フィオーレ広場のストリートビューです。

カンポ・ディ・フィオーレ広場のカメラです。

カメラ初期設定方向左から二番目のドアの個所が「フォルノ・カンポ・デ・フィオーリ」です。(Forno Campo de ‘Fiori – Google Maps 画像リンク)
[カンポ・ディ・フィオーリの入り口、北側の通り沿いに「フォルノ・カンポ・デ・フィオーリ」というパン屋さんがあります。隣の工房で焼きたてのパン やピザを売っています。みんな香ばしい小麦の香りにさそわれて、ぞろぞろと入っていきます。ぜひ味見してみましょう。素朴で美味しいですよ。(住所 Piazza Campo Dei Fiori 22)  (「ローマ観光 カンポ・ディ・フィオーリ市場を楽しむ秘訣 …」より)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*