クリプタ・バルビ(ローマ国立美術館)

マーカーはクリプタ・バルビ(ローマ国立美術館)です。

クリプタ・バルビ(ローマ国立美術館)
[「クリプタ・バルビ(Crypta Balbi)」の施設はローマの歴史的な中心地区、カンポ・マルツィオ(Campo Marzio)にある一区画で、古代にはルチオ・コルネリオ・バルボ(Lucio Cornelio Balbo)が紀元前13年に建てた劇場に付属していた柱廊があった場所である。柱廊に囲まれた部分の中心に、かつては、おそらく神殿と思われる建物があり、8世紀にはすでにその上にサンタ・マリア・ドミネ・ローゼ(Santa Maria domine Rose)教会があったことが記録されている。柱廊の東側には半円形の空間(エクセドラ)があり(現在すっかり発掘されている)、ハドリアヌス帝(在位:117年 – 138年)の時代には公衆便所になっていた。考古学的調査により、この地区における人々の営みは、中世とルネサンスをへて今日にいたるまで、一連の改変や再利用を通じて途切れなく続いてきたことが明らかになった。これは、ローマが古代以来、生活習慣、建築、都市の景観を変えつつ、いかに後の世紀を通じて生長してきたかの見事な証拠となっている。
 この区画の修復の第一段階が終了したところで、修復済みの建物の中に、ここに新しく据えられたローマ国立美術館における中世ローマ美術館の最初の部門がオープンした。美術館の見学コースは2階にわたっており、地下の遺跡にも入れるようになっている。遺跡の見学コースは、いくつかの建物の内部を結ぶ歴史的な意味をもった通路を通して続いている。
メールアドレス:l.vendittelli@tin.it
Tel. 06 6787804 – Fax 06 67878
開館時間:火曜―日曜、9:00-19:00(閉館19:45)
休館日:月曜(1月1日、5月1日、12月25日は休館)
入館料:4ユーロ、割引2ユーロ
チケット売り場とブックショップ:Tel. 06 6780167
見学予約:Tel. 06 39967700
身障者用設備あり、美術館に関する出版物、案内書などはブックショップにて販売。  (「知らざれる美術館・博物館 バックナンバー」より)]

ローマ国立美術館ホームページ」 – 「クリプタ・バルビ

ローマ国立博物館 クリプタ バルビ – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がクリプタ・バルビ(ローマ国立美術館)です。

クリプタ・バルビ(ローマ国立美術館)見学コースのカメラです。

地下の遺跡

クリプタ・バルビ(ローマ国立美術館)展示ルームのカメラです。