コルシーニ宮殿(国立コルシーニ宮美術館)

マーカーはコルシーニ宮殿(国立コルシーニ宮美術館)です。

コルシーニ宮殿(国立コルシーニ宮美術館)(英語:Palazzo Corsini, Rome、イタリア語:Palazzo Corsini alla Lungara)
[《Palazzo Corsini》イタリアの首都ローマにある後期バロック様式の宮殿。フィレンツェ出身の貴族コルシーニ家がメディチ家より買い取り、増改築した。現在は16世紀から18世紀までのイタリア絵画を所蔵する国立美術館になっているほか、イタリアの科学アカデミー、アッカデーミア・デイ・リンチェイの本部がある。  (「コルシーニ宮殿(コルシーニキュウデン)とは – コトバンク」より)]

国立コルシーニ宮美術館ホームページ

Palazzo Corsini, Rome – Google Map 画像リンク」「アッカデーミア・デイ・リンチェイ – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がコルシーニ宮殿(国立コルシーニ宮美術館)です。

コルシーニ宮殿(国立コルシーニ宮美術館)内のカメラで、カメラ北西方向中央下にカラヴァッジョの「洗礼者ヨハネ(Saint John the Baptist)」、その上にホセ・デ・リベーラ作「金星とアドニス(Venus und Adonis)」が展示されています。

コルシーニ宮殿(国立コルシーニ宮美術館)内のカメラで、カメラ北西方向中央にユストゥス・ファン・エフモント(Justus van Egmont)作「スウェーデンのクリスティーナ女王の肖像(Ritratto della regina Cristina di Svezia come Diana)」、左にピーテル・パウル・ルーベンス作「聖セバスティアヌスの殉教(The Martyrdom of St Sebastian)」が展示されています。

カメラ位置はコルシーニ宮殿(国立コルシーニ宮美術館)西庭です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*