コンスタンティヌスの凱旋門

マーカーはコンスタンティヌスの凱旋門です。

コンスタンティヌスの凱旋門
[コンスタンティヌスの凱旋門(ラテン語: Arcus Constantini,イタリア語: Arco di Costantino)は、イタリアの首都ローマにある古代ローマ時代の凱旋門で、ローマ建築の代表的なものである。 フラウィウス円形闘技場(コロッセオ)パラティーノの丘フォロ・ロマーノの間に位置している。西の副帝であったコンスタンティヌス(在位:306年 – 337年)が、ミルウィウス橋の戦い(312年10月28日)で正帝マクセンティウス(在位:306年から312年)に勝利し、西ローマの唯一の皇帝となった事を記念し建てられた。
このコンスタンティヌス帝の在位10年目にあたる312年の勝利を記念して造られたものである。奉献式典は315年に行われた。
ただし、この凱旋門には、コンスタンティヌスの時代から遡ること200年前の建築物の装飾が用いられているため、近年、この凱旋門は実は2世紀頃に建設されたものであり、コンスタンティヌスはこれを改変しただけであるとする説も提唱されている。
1960年のローマオリンピックでは、マラソン競技のゴール地点に選ばれた。
フランスパリに建設されたエトワール凱旋門のモデルにもなっている。
コンスタンティヌスの凱旋門・wikipedia-photo  (wikipedia・コンスタンティヌスの凱旋門より)]

コンスタンティヌスの凱旋門 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がコンスタンティヌスの凱旋門です。

カメラ南南東方向がコンスタンティヌスの凱旋門です。また、カメラ東方向がコロッセウム、カメラ西北西方向がティトゥスの凱旋門になります。

カメラ南南西方向がコンスタンティヌスの凱旋門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*