サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ聖堂

マーカーはサンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ聖堂です。

サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ聖堂堂
[サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ聖堂は、320年セントヘレナの宮殿の礼拝堂として構築され、その数十年後礼拝堂は、大聖堂になった。聖堂は一時衰退し、ルキウス2世_(ローマ教皇)(1144年~1145年)によって復活した。改築は全ルネッサンス期を通して行われた、しかしベネディクトゥス14世_(ローマ教皇)(1740~1758年)の下で、現在のバロック様式で改築された。]

[サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ聖堂(イタリア語: Basilica di Santa Croce in Gerusalemme)は、イタリア ローマにあるカトリック教会(教区教会)。『ローマの7つの巡礼教会(Seven Pilgrim Churches of Rome)』のうちの一つである。教会伝によれば、325年に聖ヘレナ(皇帝コンスタンティヌス1世(在位:306年 – 337年)の母)が聖地よりもたらした聖遺物を祀るために造られた教会だという。聖堂の床はエルサレム(ラテン語: Hierosolyma,ヒエロソリマ)から運ばれてきた土が敷き詰められていたため、この教会は『ヒエルサレム(Hierusalem)』と呼ばれた。なお、現在のイタリア語表記でのジェルサレンメ(Gerusalemme)は、エルサレムのことである。
教会の南西に隣接して3世紀初頭に建てられたカストレンセ円形闘技場があり、現在は教会所有の菜園となっている。
正面ファサード・wikipedia-photo  (wikipedia・サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ聖堂より)]

Wikimedia Commons contiene immagini o altri file sulla basilica di Santa Croce in Gerusalemme

サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ聖堂 – Google Map 画像リンク

サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ聖堂正面のカメラ。

サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ聖堂拝廊のカメラです。

サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ聖堂拝殿前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*