サンタ・フランチェスカ・ロマーナ聖堂

マーカーはサンタ・フランチェスカ・ロマーナ聖堂です。

サンタ・フランチェスカ・ロマーナ聖堂(Basilica di Santa Francesca Romana)
[サンタ・マリア・ノヴァとしても知られるサンタ・フランチェスカ・ロマーナ聖堂はローマの教会です。 9世紀に設立され、15世紀から同名の聖人(その遺物は地下室に保存されています)に捧げられ、フォロ・ロマーノウェヌスとローマ神殿の間にあります。
この教会には教皇グレゴリウス11世(在位:1370年 – 1378年)が埋葬されています。教皇はアヴィニョンからローマに教皇権を持ち帰りました。(アヴィニョン捕囚の終了)
教会の発祥は、教皇パウロ1世(在位:757年5月29日 – 767年6月28日)によって委任された既存の礼拝堂で、850年ごろ、教皇レオ4世ウェヌスとローマ神殿の廃墟に新たな教会サンタ・マリア・ノヴァ教会の建設を命じ、建設されました。
10世紀の復興後、聖母への献身とサンタ・マリア・ノヴァの名前を受け取り、同じ献身を持つ他のフォロ・ロマーノの他の教会、サンタ・マリア・アンティクア聖堂と区別しました。12世紀に重要な改修工事が行われ、鐘楼の建設と後陣の装飾が行われました。15世紀、聖フランチェスカ・ロマーナ(Francesca Romana)の遺物譲渡により、教会は現在の名称に変更されました。
フォロロマーノの教会・wikipedia-photo、ファサード装飾・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、サンタフランチェスカロマーナ聖堂の画像またはその他のファイルが含まれています。]

サンタ・フランチェスカ・ロマーナ聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向左がサンタ・フランチェスカ・ロマーナ聖堂です。

カメラ北東方向左がサンタ・フランチェスカ・ロマーナ聖堂です。

カメラ東南東方向がサンタ・フランチェスカ・ロマーナ聖堂ファサードです。

サンタ・フランチェスカ・ロマーナ聖堂正面ゲート前のカメラです。

サンタ・フランチェスカ・ロマーナ聖堂拝廊のカメラです。

サンタ・フランチェスカ・ロマーナ聖堂祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*