サンタ・マリア・アンティクァ聖堂

マーカーはサンタ・マリア・アンティクァ聖堂です。

サンタ・マリア・アンティクァ聖堂(Santa Maria Antiqua)
[ローマ最古の教会堂のひとつ。皇帝宮殿の図書館を改装して利用されたが、9世紀に地震によって倒壊した。20世紀になって発見され、修復されている。  (wikipedia・フォロ・ロマーノより)]

[サンタ・マリア・アンティクァ聖堂(英語: Ancient Church of Saint Mary)はイタリアローマのフォロ・ロマーノに5世紀に建てられたローマ・カトリック・マリアン教会(Roman Catholic Marian churches)であり、とてつもなく長い時間パラティーノ皇帝宮殿跡への記念碑的アクセスルートでした。
パラティーノの丘の北西斜面に5世紀の半ばに建てられた、サンタ・マリア・アンティクァ聖堂は、フォロ・ロマーノ内最古の最も重要なキリスト教の記念碑です。
教皇ヨハネス7世(Pope John VII・在位:705年 – 707年)は、8世紀初めにローマの司教と会うためこの聖堂を使用しています。
聖堂には6世紀から8世紀末までの壁画の比類のないコレクションが含まれていて、サンタ·マリア·レジーナ(Santa Maria Regina・聖母マリア)の壁画は6世紀のローマで最古のものです。これらの絵画の発見は、中世初期の芸術の発展に多くの理論を加えられ、考古学上にも独特の概念を与えています。
サンタ・マリア・アンティクァ聖堂は847年の地震により部分的に破壊され、皇帝宮殿の一部が崩壊し土砂で覆われてしまいました。このために、教皇レオ4世(在位:847年 – 855年)は、ウェヌスとローマ神殿の廃墟にサンタ・マリア・ノヴァ教会(新サンタ・マリア教会、現在のサンタ・フランチェスカ・ロマーナ聖堂)と呼ばれる新しい教会を建てました。
建物が崩壊された後、教会は9世紀に放棄され、1900年代初頭の再発見まで千年以上の間、放置されたままでした。サンタ・マリア・アンティクァ聖堂の再発見は、古代からキリスト教の初期の世紀までのフォロ・ロマーノの文化や都市開発の理解のための重要な要素が内包されています。
聖堂の廃墟跡には、1617年サンタ·マリア·Liberatrice(S. Maria Liberatrice)教会が建てられたましたが、その後、古い教会の遺跡を発掘するために1900年に取り壊されました。
1980年から2012年までサンタ・マリア・アンティクァ聖堂は一般市民には非公開とされ、学術研究のための学者に制限されていましが、ワールド・モニュメント財団の支援のもとSoprintendenza per il Patrimonio Storico による保全プログラムに基づいて、教会はツアーのためにオープンしました。サンタ・マリア・アンティクァ聖堂は、フォロ·ロマーノの台無し教会で「フォロ・ロマーノ、パラティーノ」遺跡の一部です。内部を見学するためにはチケットを購入する必要があります。ただし、聖堂自体はワールド・モニュメント財団の後援の下、2004年に開始された継続中の掘削のために、常時は一般に公開されていません。
密封の数世紀のおかげで、聖堂の壁は、聖母マリアと幼児イエス、教皇、聖人、そして殉教者を描いた美しい色鮮やかなフレスコ画の一連を保持し、イコノクラスム(聖像破壊)以前のローマ・ビザンティン美術における最大かつ最も重要なコレクションの一つを形成しています。
平面図

イタリア、ローマのサンタマリアアンティクア教会と接続された考古学的構造のグラウンドマップ: 伝説:(1)中央身廊、(2)内陣、(3)アプセ、(4)テオドトスの礼拝堂、(5)聖職者の礼拝堂、(6)パラタインヒルへのランプ、(7)アウグストゥス神殿、(8)殉教者の礼拝堂、(9)アトリウム。
「サンタ・マリア・アンティクァ聖堂の入口」・wikipedia-photoGiuseppe Vasiによるサンタ・マリア・アンティクァ聖堂(18世紀)・wikipedia-photo]

ローマの懐に溜息・・・6世紀のサンタ・マリア・アンティクア聖堂 : カマクラ ときどき イタリア

サンタ・マリア・アンティクァ聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がサンタ・マリア・アンティクァ聖堂進入路です。

カメラ初期設定方向がサンタ・マリア・アンティクァ聖堂です。

サンタ・マリア・アンティクァ聖堂前のカメラで、カメラ南南東方向左が殉教者の礼拝堂入口、右が聖堂アトリウムです。

殉教者の礼拝堂内のカメラです。

サンタ・マリア・アンティクァ聖堂アトリウムのカメラで、カメラ南方向ドア内が身廊になります。

サンタ・マリア・アンティクァ聖堂身廊のカメラで、カメラ南南東方向がアプスで、アプス左にテオドトスの礼拝堂、右に聖職者の礼拝堂があります。

テオドトスの礼拝堂内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*