サンタ・マリア・イン・ドムニカ聖堂

マーカーはサンタ・マリア・イン・ドムニカ聖堂です。

サンタ・マリア・イン・ドムニカ聖堂(Basilica di Santa Maria in Domnica)
[サンタ・マリア・イン・ドムニカ聖堂は、ローマカトリック教会で、チェリオ(Celio)の丘のナヴィチェッラ広場(piazza della Navicella)にあります。これは、678年に教皇アガト(在位:678年 – 681年)によって設立されたドムニカのサンタマリア(Santa Maria in Domnica)と聖アガトの席です。 最後の名誉枢機卿は2006年から2019年まで在職したウィリアム・ジョセフ・レバダ(William Joseph Levada)でした。
教会の最初の記述は、499年に教皇シンマクス(在位:498年 – 514年)の会議の記録に残されています。
教皇パスカリス1世(在位817年 - 824年)は、その教皇権が9世紀の初めにローマを巻き込んだ再生と芸術の素晴らしさの時代と一致し、818〜822年に大聖堂を再建し、驚くべきモザイクをもたらしました。
一方、インテリアレイアウトは、16世紀から19世紀にかけて行われたさまざまな修復作業が行われました。教会が現在も維持している側面に負っている16世紀の修復物は、16世紀を通して枢機卿を輩出しているメディチ家と密接に結び付けられています。
●家族の最初の所有者(1492-1513)は、16世紀初頭にアンドレア・サンソヴィーノ(Andrea Sansovino)に新しいファサードと反対側のフォンタナ・デッラ・ナヴィチェッラ(Fontana della Navicella)の建設を委託した、将来の教皇レオ10世(在位:1513年 – 1521年)のジョヴァンニ・デ・メディチ(Giovanni de Medici)でした。
●次は(1513-1517)ジュリオ・デ・メディチ(Giulio de’ Medici)、将来の教皇クレメンス7世(在位:1523年 – 1534年)。

●数十年後、聖堂はメディチ家に返還され、ジョヴァンニ・ディ・コジモ・イ・デ・メディチ(Giovanni di Cosimo I de’ Medici)が17歳で枢機卿に任命されましたが、わずか2年間(1560年から1562年)で、すでに結核にかかっていましたが、マラリアで死亡しました。
●ドムニカ聖堂はこのようにして(1565年〜1585年)コジモ1世の6番目の息子で前の兄弟のフェルディナンド1世に渡り、14歳で枢機卿を、そして38歳でメディチ家の第3代トスカーナ大公(在位:1587年 – 1609年)になりました。 彼は大聖堂の天井の建設を担当しました。
長期間閉鎖教会の修復は、水分の深刻な浸透を修復し、損傷を修復することを目的とした実質的な修復と教会の内部の建築様式を再構成し、柱廊を復元する目的で、19世紀の終わりにドメニコ・コンソリーニ(Domenico Consolini)枢機卿が後援し、福音宣教省が資金を提供し、建築家アンドレア・ブシリ・ヴィチ(Andrea Busiri Vici)の技術指導の下で、建築家ガエターノ・ボノーリ(Gaetano Bonoli)により実施されました。
ファサード・wikipedia-photo、インテリア・wikipedia-photo、アプス盆地とアーチ・wikipedia-photo、オルガンとの聖歌隊・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、サンタ・マリア・イン・ドムニカ聖堂の画像またはその他のファイルが含まれています。]

Santa Maria in Domnica – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がサンタ・マリア・イン・ドムニカ聖堂で、教会前に船の彫刻の噴水があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*