サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会

マーカーはサンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会です。

サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会
[サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会(ラテン語: Basilica Sanctae Mariae supra Minervam、イタリア語: Basilica di Santa Maria sopra Minerva)はイタリアローマにある名義小バシリカで、カトリック教会ドミニコ会にとって重要な教会堂である。カンプス・マルティウスのミネルヴァ広場に面していて、ローマで唯一のゴシック建築の教会とされている。この教会にはシエナのカタリナやドミニコ会の画家フラ・アンジェリコの墓がある。近代天文学の父ガリレオ・ガリレイは、隣接する修道院での異端審問後の1633年6月22日、この教会で自らの科学的命題を否認した。
この教会はエジプトの女神イシスの神殿の基礎の上(sopra は「上」の意)に建てられた。しかし、この神殿は間違ってミネルウァの神殿だとされていたため、現在のような名称になっている。控えめなファサードの背後には、鮮やかな赤で塗られた肋材のヴォールトに金メッキの星をちりばめた青い天井があり、19世紀にゴシック様式で修復されたものである。すぐ側にはパンテオンがある。
この教会と旧女子修道院の敷地の周辺には、古代ローマ時代にはグナエウス・ポンペイウスが紀元前50年に建てた女神ミネルウァの神殿(Delubrum Minervae)、イシスを祀った神殿、セラピスを祭った神殿の3つの神殿があった。ミネルウァの神殿の詳細は不明だが、最近の調査でこの教会からやや東にあるコッレッジョ・ロマーノ広場に小さな円形のミネルウィウムがあったことがわかった。1665年、この教会に隣接するドミニコ会の修道院の庭からエジプトオベリスクが発見された。他にも小さなオベリスクがこの教会周辺から見つかっており、Obelisci Isei Campensis と呼ばれていたが、これらはおそらく2本一組でイシスの神殿の入口前に立てられていたものと見られる。
他の古代ローマの遺構として地下聖堂がある。廃墟と化した神殿をキリスト教会に転換したのは教皇ザカリアスの時代(741年 – 752年)で、これを東方の修道士に与えた。このころの構造は現存していない。1255年、アレクサンデル4世がここに改宗した女性たちの共同体を創設したが、それは間もなくサン・パンクラツィオ教会に移転され、1275年にはこの教会がドミニコ会のものになった。ドミニコ会はこの教会と隣接する修道院を彼らの本部とした(後に本部はサンタ・サビーナ聖堂に移された)。現在もこの教会はドミニコ会の管轄下にある。
ドミニコ会は1280年からこの教会を現在のようなゴシック様式に改修し始めた。モデルとなったのはフィレンツェサンタ・マリア・ノヴェッラ教会で、設計はニコラウス3世のころドミニコ会修道士の Fra Sisto Fiorentino と Fra Ristoro da Campi が行った。ボニファティウス8世の資金援助などもあり、ローマ初のゴシック様式の教会が1370年に完成した。後にカルロ・マデルノらがバロック様式のファサードに改修したが、19世紀には新中世様式に改修された。出入り口は15世紀のものである。
聖具保管室では2度、コンクラーヴェが行われたことがある。1回目は1431年3月でエウゲニウス4世が選出され、2回目は1447年3月でニコラウス5世が選ばれた。
ファサードには、16世紀と17世紀にテヴェレ川が何度も氾濫して 65フィート (20 m) まで水位が上がったことを示す印がある。
ファサード(19世紀に完成)・wikipedia-photo、内部・wikipedia-photo
ミネルヴァのひよこ
「ミネルヴァのひよこ (Pulcino della Minerva)」ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ作のゾウの彫刻。ローマにある13基のオベリスクのうちの1つの土台になっている。
教会の前にはローマ市内でも特に奇妙な記念碑があり「ミネルヴァのひよこ (Pulcino della Minerva)」と呼ばれている。バロック期の彫刻家ジャン・ロレンツォ・ベルニーニのデザインした彫像(完成させたのは弟子のエルコール・フェラッタで1667年のこと)で、ドミニコ修道会の庭で見つかったエジプトのオベリスクをゾウの彫像が土台となって支えている。11本あるローマのオベリスクの中では最も短く、サイスから2本一組でローマに持ち込まれたものと言われている。元々は紀元前589年から紀元前570年ごろエジプト第26王朝ファラオであるアプリエスの治世下に建てられたものだった。それをローマに運ばせたのはディオクレティアヌス帝で、紀元284年から305年のことである。2本のオベリスクはイシス神殿の前に設置された。オベリスクの土台の彫刻を依頼したアレクサンデル7世がラテン語で「堅固な知識を支えるには強い心が必要である」という意味の文を刻ませている。
この独特の構成の着想の元になったのは、フランチェスコ・コロンナの作と言われている15世紀の小説『ヒュプネロトマキア・ポリフィリ』(ポリフィルス狂恋夢)と言われている。この小説で主人公はオベリスクを支えている石のゾウに出会う。そしてそこに描かれたイラストは、ベルニーニの設計したオベリスクの土台によく似ている。
その逞しい外観から、これに “Porcino”(子豚)というあだ名が付けられていたが、後にイタリア語で「小さなひよこ」を意味する Pulcino に変化した。これは、このオベリスクが短いことを表しているとも言われている。また、ドミニコ会が修道院に入る持参金を用意できない貧しい女性のための寄付を集める慈善活動を行っており、毎年この広場に行列を作ったことと関係があるとも言われている。
『「ミネルヴァのひよこ (Pulcino della Minerva)」ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ作のゾウの彫刻。ローマにある13基のオベリスクのうちの1つの土台になっている。』・wikipedia-photo  (wikipedia・サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会より)]

ミネルヴァ・オベリスク – 岡本正二のホームページ

Wikimedia Commons contiene immagini o altri file sulla basilica di Santa Maria sopra Minerva

サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会 – Google Map 画像リンク」「ミネルバ・オベリスク – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が、サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会で、教会前に「ミネルヴァのひよこ」を土台とするオベリスクがあります。

サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会拝廊のカメラです。

サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会身廊のカメラです。

サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*