サンティ・アンブロージョ・エ・カルロ・アル・コルソ聖堂

マーカーはサンティ・アンブロージョ・エ・カルロ・アル・コルソ聖堂です。

サンティ・アンブロージョ・エ・カルロ・アル・コルソ聖堂(Basilica dei Santi Ambrogio e Carlo al Corso)
[サンティ・アンブロジオとカルロ・アル・コルソは、サン・カルロ・アル・コルソとしても知られていますが、ローマの小聖堂であり、ローマのロンバルディア州出身住民の教会です。
その建設は1612年に始まり、10世紀の建物に取って代わりました。 教会の主要な称号は伝統的にミラノの大司教に属しています。 1906年以来、それはロスミニアン(Istituto della carità)によって管理されています。
1471年8月29日、教皇シクストゥス4世(在位:1471年 – 1484年)はローマに非常に多くあるロンバルディ同盟の設立を承認し、カンポ・マルツィオ(Campo Marzio)にあるサンニコラ(またはニコロ)デトッフォ(San Nicola (o Niccolò) de Toffo)教会に席を与えました。10世紀の教皇の文書ですでに言及されているこの古代の教会は、1610年のカルロ・ボッロメーオの列聖後にセントチャールズの名前が追加され、その後セント・アンブローズの名前に改名され、現在の教会が建設されるまで共同体の席でした。
セントチャールズ・ボロメオの心臓は、遺物として保存されています。
現在の教会は、当初オノリオ・ロンギ(Onorio Longhi)によって設計され、彼の死後は彼の息子マルティーノ・ロンギ(Martino Longhi il vecchio)が担当しました。
このプロジェクトの目新しさは、意図的にミラノ大聖堂の建築に触発された、内陣、高祭壇の後ろにある大きな周歩廊にあります。資金不足のため、建築現場はゆっくりと続きました。
1906年以来、バシリカの管理はイスティトゥート・デッラ・カリタ(Istituto della carità)の司祭に委ねられています。
教会は1929年12月21日に教皇ピウス11世(在位:1922年-1939年)の簡潔な教皇勅書で小聖堂になりました。
ファサード・wikipedia-photo、後陣とドームの眺め・wikipedia-photo、教会内部・wikipedia-photo、ドーム・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、聖アンブロージョ聖堂とカルロアルコルソ聖堂の画像またはその他のファイルが含まれています。]

サンティ・アンブロージョ・エ・カルロ・アル・コルソ聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ西がサンティ・アンブロージョ・エ・カルロ・アル・コルソ聖堂です。

カメラ東方向がサンティ・アンブロージョ・エ・カルロ・アル・コルソ聖堂後陣です。

サンティ・アンブロージョ・エ・カルロ・アル・コルソ聖堂拝廊のカメラです。

サンティ・アンブロージョ・エ・カルロ・アル・コルソ聖堂身廊のカメラです。

サンティ・アンブロージョ・エ・カルロ・アル・コルソ聖堂祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*