サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂

マーカーはサンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂です。

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂(Basilica dei Santi Giovanni e Paolo)
[サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂は、ローマのチェリオ(Celio)の丘にあるカトリック崇拝の場所です。 それは小聖堂の威厳を持っています。
元老院議員ビザンテ(Bizante)または息子のパンマキオ(Pammachio)が1世紀から2世紀にかけて建築された邸宅内に398年から建てられ、キリスト教共同体が最初にドームの聖職者として使用し、その後殉教者ジョヴァンニとパオロ(Giovanni e Paolo)の埋葬となった:伝説では、フラウィウス・クラウディウス・ユリアヌス皇帝(在位:361年 – 363年)の治世中に、これは362年に内部で殉教に苦しんだであろう2人の聖なる兄弟の家であったと言われています。また、最も信頼できる情報源では、その建物はおそらく創設者の家族であるパンマキオのものであると主張しています。 教会は、499年に教皇シンマクス(在位:498年 – 514年)によって開かれた会議で、チトゥラス・パンマチイ(Titulus Pammachii)、またはチトゥラス・ビザンティイ(Titulus Byzantii)という名前で初めて言及されています。
元の教会は、ローマ略奪 (410年)アラリック1世(在位:395年 – 410年)の西ゴート族によって、その後442年の地震で破損し、最終的に1084年にロベルト・イル・グイスカルド率いるノルマン人によって略奪されました。教皇パスカリス2世(在位:1099年 – 1118年)は修復作業を推進し、元の拝廊に代わる鐘楼柱廊を追加しました。建物は次の世紀以降絶えず改造されました。 特に、ファブリツィオ・パオルッチ(Fabrizio Paolucci)枢機卿が1715年に推進した介入は顕著でした。1951年、フランシス・ジョセフ・スペルマン(Francis Joseph Spellman)枢機卿が初期キリスト教ファサードを復元し現在の形になりました。
「サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂」・wikipedia-photo、ファサード・wikipedia-photo、パラティーノの丘からの教会の眺め・wikipedia-photo、「1938年の写真、教会とクリバス・スカウリ(Clivus Scauri)の後陣」・wikipedia-photo、フレスコ画・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂の画像またはその他のファイルが含まれています。]

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がサンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂です。

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂正面のカメラです。

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂正面扉前のカメラです。

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂拝廊のカメラです。

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂身廊のカメラです。

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*