サンティ・ドメニコ・エ・シスト教会

マーカーはサンティ・ドメニコ・エ・シスト教会です。

サンティ・ドメニコ・エ・シスト教会(Chiesa dei Santi Domenico e Sisto)
[サンティ・ドメニコ・エ・シスト教会は、2003年以来枢機卿の所在地であるローマの教会です。クイリナーレのラルゴア・ンジェリカム(largo Angelicum)にあり、聖ドミニクと聖シクストゥスにちなんで名付けられました。 モンティ地区の一部です。
この場所の最初の教会はサンタ・マリア・ア・マグナナポリ(Santa Maria a Magnanapoli)と呼ばれ、11世紀以前に建てられました。カラカラ浴場のサンシスト修道院のドミニコ会修道会(サン・シスト・ヴェッキオ(San Sisto Vecchio))に属します。
現在の教会は、ドミニコ会会員である聖ピウス5世教皇(在位:1566年 – 1572年)の命により建てられました。建設作業は1569年に始まり、修道院は1575年に始まりました。当初の計画はジャコモ・デッラ・ポルタの作品となることでしたが、長い建設期間(この作業は1663年にのみ終了しました)には他の建築家も雇われました。下の部分はニコラ・トーリアーニ(Nicola Torriani)によって設計され、上の部分はトッリーニ(Torriani)またはヴィンチェンツォ・デッラ・グレカ(Vincenzo della Greca)によって設計されました。デッラ・グレカは1646年に間違いなくバロック様式トラバーチンファサードを建てました。しかし、1654年の二重階段はオラツィオ・トーリアーニ(Orazio Torriani)によるものです。ファサードには4つの彫像があります。下の2つの彫像は、聖トマス・アクィナスヴェローナ聖ペテロを描いており、カルロ・マデルノ(Carlo Maderno)によるで、上部の2つの像は、聖ドミニコ聖シクストゥス2世教皇(在位:257年 – 258年)を表し、マルカントニオ・カニーニ(Marcantonio Canini)によるものです。
ジャン・ロレンツォ・ベルニーニは、1649年に高祭壇、南側の最初の礼拝堂、この礼拝堂の祭壇、この礼拝堂のノリ・ミー・タンジェール(Noli me tangere・「触らないで」という意味の有名なラテン語のフレーズ)の彫刻群を設計しました。(しかし、それを彫刻したのは彼ではなく、彼の弟子アントニオ・ラギ(Antonio Raggi)でした)。
天井のフレスコ画、聖ドミニコの神格化は、1674年にドメニコ・マリア・カヌティ(Domenico Maria Canuti)によって描かれ、エンリコ・ハフナー(Enrico Haffner)によって作られただまし絵が描かれています。
ファサード・wikipedia-photo、教会の外観・wikipedia-photo、サンティドメニコエシスト教会の内部・wikipedia-photo、「ノリ・ミー・タンジェール」・wikipedia-photo、サンドミニコの神格化・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、サンティ・ドメニコ・エ・シスト教会に関する画像やその他のファイルが含まれています。]

サンティ・ドメニコ・エ・シスト教会 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がサンティ・ドメニコ・エ・シスト教会です。

カメラ東方向がサンティ・ドメニコ・エ・シスト教会です。

サンティ・ドメニコ・エ・シスト教会エントランスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*