サンティ・ルカ・エ・マルティーナ教会

マーカーはサンティ・ルカ・エ・マルティナ聖堂です。

サンティ・ルカ・エ・マルティナ聖堂(Chiesa dei Santi Luca e Martina)
[サンティルカエマルティナ教会は、ローマカトリックの礼拝堂です。 それはローマフォルムにあり、その上にカンピドリオのサン・マルコ・エヴァンジェリスタ(San Marco Evangelista)の教区内にある同名のレクトリー(牧師館)を主張しています。
当初はサンタ・マルティナ(Santa Martina)と名付けられ、7世紀に教皇ホノリウス1世(在位:625年 – 638年)によって創立されました。
1256年に教皇アレクサンデル4世(在位:1254年 – 1261年)によって荒廃した教会が、修復され、再奉献されました。右側の礼拝堂に壁で囲まれた銘板に記述され、教会はチェンシオ・カメラリオの目録(Catalogo di Cencio Camerario)でも証明されていますが、皇帝アレクサンデル・セウェルスの治世中の228年に殉教した聖マルティナのための教会でした。
1634年、教皇ウルバヌス8世(在位:1623年 – 1644年)の指示により、画家で建築家のピエトロ・ダ・コルトーナは再建のためのプロジェクトを行い、祭壇の下を掘り始めます。1634年10月25日に、そこで、多くの遺跡とテラコッタで覆われた木箱が発掘され、そこにはラテン語で「ここに神聖な殉教者マルティナ・コンコルディオ・エピファニオ(Martina Concordio Epifanio)の遺体とその仲間がいます」と書かれていました。
再建工事はコルトーナの指示の下で進められます。この教会を自分の最愛の娘とみなしたコルトーナは、自分の費用で地下教会を建設し、貴重な家具を提供することに加えて、彼の死後遺言で6,750 スクード(Italian scudo)を残し教会の維持に使用されました。
平面図

パラッツォセナトリオから見たローマフォーラムの教会・wikipedia-photo、「ジョヴァンニ・バッティスタ・ファルダ(Giovanni Battista Falda)の絵による外観(1670年頃)」・wikipedia-photo、正面・wikipedia-photo、ドームの内側・wikipedia-photo、高祭壇・wikipedia-photo、ピエトロダコルトーナの遺言の墓・wikipedia-photo、地下室・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、サンティ・ルカ・エ・マルティーナ教会に関する画像やその他のファイルが含まれています。]

サンティ・ルカ・エ・マルティナ聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向右がサンティ・ルカ・エ・マルティナ聖堂、左がクリア・ユリアです。

カメラ北東方向がサンティ・ルカ・エ・マルティーナ教会で、カメラ北西方向がマメルティヌスの牢獄です。

サンティ・ルカ・エ・マルティーナ教会内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*