サン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂

マーカーはサン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂です。

サン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂
[サン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂(イタリア語: Chiesa di San Carlo alle Quattro Fontane)は、ローマにあるカトリック教会聖堂で、建築家フランチェスコ・ボッロミーニの独立後最初の作品である。聖カルロに捧げられたローマにある3つの教会の1つであり、他にはサン・カルロ・アイ・カティナーリ教会とサン・カルロ・アル・コルソ教会がある。この教会と修道院は「クワトロ・フォンターネ」という交差点の南西の角にある。通りが斜めに交差するこの交差点の4つの角にはそれぞれ噴水があるため、このように呼ばれている。交差している通りの1つであるピア通り(現在の9月20日通り)に沿って後にベルニーニがサンタンドレア・アル・クイリナーレ教会を建てた。敷地が限られていたため、平面図や断面図を見るとかなり難しい設計を強いられたことがわかる。教会のとなりには回廊があり、どちらもピア通りに面している。修道院の建物群はその周囲にあり、ボッロミーニはその背後に庭園を設計することを想定していた。
バロック建築の傑作の1つで、キリスト教徒の奴隷解放に尽力したスペインの三位一体修道会が所有する修道院を中心とした複合建築物の一部としてクイリナーレの丘に建設された。ボッロミーニは1634年、建設を後援した枢機卿フランチェスコ・バルベリーニから依頼を受けた。バルベリーニ卿はこの聖堂とは通りを隔てたすぐ近くに宮殿を構えていた。だがこの資金援助は長く続かず、建設プロジェクトは様々な財政問題に直面することになる。修道院の建物群と回廊が先に完成し、その後教会が1638年から1641年に建設され、1646年に聖カルロ・ボッロメーオに捧げられた。うねるようなファサードのアイデアは当初(おそらく1630年代中ごろ)からあったと思われるが、ファサードの建設が行われたのはボッロミーニの最晩年で、ファサード上部は彼の死後になって完成した。
サン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂平面図(この平面図には、祭壇後ろの廊下の南東側棟と南西側にある中庭は描かれていません。)

ファサード・wikipdia-photo、断面図(1730年ごろ)・wikipdia-photo、複雑な幾何学模様を持つドーム・wikipdia-photo、回廊・wikipdia-photo  (wikipedia・サン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂より)]

Wikimedia Commons contiene immagini o altri file sulla chiesa di San Carlo alle Quattro Fontane

サン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は「クワトロ・フォンターネ」という交差点で、カメラ南方向がサン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂で、この交差点の4つの角にはそれぞれ噴水があります。

サン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂正面ゲート前のカメラです。

サン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂拝廊のストリートビューです。

祭壇左の部屋のストリートビューです。

祭壇後ろの廊下の南東側棟・聖具室のストリートビューです。

中庭のストリートビューです。